TOP > 研究報告検索 > 多剤耐性菌と闘う -集積型生物活性物質の合成と機能制御に関する研究-

多剤耐性菌と闘う -集積型生物活性物質の合成と機能制御に関する研究-

研究報告コード R070000013
整理番号 R070000013
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 有本 博一
研究者所属機関
  • 名古屋大学大学院理学研究科
研究機関
  • 名古屋大学大学院理学研究科
報告名称 多剤耐性菌と闘う -集積型生物活性物質の合成と機能制御に関する研究-
報告概要 ペニシリンの実用化以降、細菌感染症が「抗生物質で治る」という幸福な時代が続いてきた。その後、MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌)など種々の耐性菌が続々と出現するなかで、グラム陽性菌感染症治療の「最後の切り札」を担ったのがバンコマイシンです。最近のVRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、VRSA(バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌:2002年の出現が臨床現場において大きな脅威となってきた。バンコマイシン耐性の克服を目指して種々の多価化合物を合成し、評価したので経過を報告します。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000013_01SUM.gif R070000013_02SUM.gif R070000013_03SUM.gif R070000013_04SUM.gif R070000013_05SUM.gif R070000013_06SUM.gif R070000013_07SUM.gif R070000013_08SUM.gif R070000013_09SUM.gif R070000013_10SUM.gif R070000013_11SUM.gif R070000013_12SUM.gif R070000013_13SUM.gif
研究分野
  • 微生物感染の生理と病原性
  • 病原体に作用する抗生物質の基礎研究
関連発表論文 (1) "Synthesis of (±)-Pinnaic acid" Hayakawa, I. ; Arimoto, H. ; Uemura, D. Heterocycles, 2003, 59, 441-444.
(2) "Effects of β-Sheet breaker peptides polymers on scrapie-infected mouse neuroblastona cells and their affinities to prion protein fragment PrP(81-145)" Oishi, T.; Hagiwara, K; Kinumi, T.; Yamakawa, Y.; Nishijima, M., Nakamura, K.; Arimoto, H. Org. Biomol. Chem. 2003, 1, 2626-2629.
(3) "Enantioselective Synthesis of Spirotetracyclic Carbon Core on Mangicols by Stereoselective Transannular Diels-Alder Strategy" Araki, K.; Saito, K.; Arimoto, H.; Uemura, D. Angew. Chem., Int. Ed. 2004, 43, 81-84.
(4) "Synthetic Approach to Kendomycin: Preparation of the C-Glycosidic Core" Sengoku T.; Arimoto, H.; Uemura, D. Chem. Comun. 2004, 1220-1221.
(5) "Synthesis of the tricyclic core of halichlorine" Hayakawa, I.; Arimoto, H.; Uemura, D. Chem. Commun. 2004, 1222-1223.
(6) "Nakiterpiosin and Naki terpiosinone, Novel Cytotoxic C-nor-D-homosteroids from the Okinawan Sponge Terpios hoshinota" Teruya, T.; Nakagawa, S.; Koyama, T,; Arimoto, H.; Kita, M.; Uemura, D. Tetrahedron, 2004, in press.
(7) 有本博一,北将樹,上村大輔「未解明生物現象の化学」化学工業,53,24-29(2002)
(8) 有本博一「バンコマイシン耐性菌克服を目指した化学合成:生物活性物質の合成とマルチバレント化に関する研究」有機合成化学協会誌,61(8),752-759(2003)
(9) Kuramoto, M.; Arimoto, H.; Uemura, D. "Studies in Bioactive Marine Alkaloids", J. Synth. Org. Chem. Jpn. 2003, 61 (11), 1099-1105.
(10) Kuramoto, M.; Arimoto, H.; Uemura, D. "Bioactive Alkaloids from the Sea: A Review", Marine Drugs, 2004, 1, 39-54.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/合成と制御
研究報告資料
  • 有本 博一. 多剤耐性菌と闘う -集積型生物活性物質の合成と機能制御に関する研究-. さきがけライブ2004 物質科学・生命分野 さきがけタイプ研究報告会 「合成と制御」領域 講演要旨集(第1期研究者)(研究期間2001-2004), 2004. p.5 - 23.

PAGE TOP