TOP > 研究報告検索 > 小さな分子で遺伝子を捕まえる -DNA-ドラッグ間相互作用の精密制御-

小さな分子で遺伝子を捕まえる -DNA-ドラッグ間相互作用の精密制御-

研究報告コード R070000014
整理番号 R070000014
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 中谷 和彦
研究者所属機関
  • 京都大学大学院工学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院工学研究科
報告名称 小さな分子で遺伝子を捕まえる -DNA-ドラッグ間相互作用の精密制御-
報告概要 ヒトゲノムDNAの配列が解読されて、われわれ人間の遺伝子が次々と明らかになっています。人類がはじめて手にしたヒトの設計図を利用すると、これまで判らなかった個人の違い(例えば、薬の効く、効かない、副作用が出る、出ないなど)が遺伝子DNA(デオキシリボ核酸)の塩基配列の違いで判断(遺伝子診断)できるようになります。この研究では、塩基配列のわずかな違いを見つけて遺伝子を捕まえる「小さな分子」を化学的に作り出しました。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000014_01SUM.gif R070000014_02SUM.gif R070000014_03SUM.gif R070000014_04SUM.gif R070000014_05SUM.gif R070000014_06SUM.gif R070000014_07SUM.gif R070000014_08SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
関連発表論文 (1) Photochemistry of Benzophenone Immobilized in a Major Groove of DNA: Formation of Thermally Reversible Interstrand Cross-link, Nakatani, K. ; Yoshida, T. ; Saito, I. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 2118-2119
(2) Suppression of DNA-Mediated Charge Transport by Bam H I Binding, Nakatani, K. ; Dohno, C. ; Ogawa, A. ; Saito, I. Chem. Bio. 2002, 9, 361-366.
(3) N2-Phenyldeoxyguanosine: Modulation of the Chemical Property of Deoxyguanosine toward One Electron Oxidation in DNA, Nakatani, K. ; Dohno, C. ; Saito, I. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 6802-6803.
(4) Chemically Induced Hairpin formation in DNA Monolayers, Smith, E. A. ; Kyo M. ; Kumasawa. H. ; Nakatani, K. ; Saito, I. ; Corn, R. M. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 6810-6811.
(5) Guanine of the Third Strand of C. G*G Triplex Serves as an Effective Hole Trap, Dohno, C. ; Nakatani, K. ; Saito, I. J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 14580-14585.
(6) Induction of a Remarkable Conformational Change in a Human Telomeric Sequence by the Binding of Naphthyridine Dimer: Inhibition of the Elongation of a Telomeric Repeat by Telomerase, Nakatani, K. ; Hagihara, S. ; Sando, S. ; Sakamoto, S. ; Yamaguchi, K. ; Maesawa, C. ; Saito, I., J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 662-666.
(7) Assessment of the Sequence Dependency for the Binding of 2-Aminonaphthyridine to the Guanine Bulge, Nakatani, K. ; Horie, S. ; Murase T. ; Hagihara, S. ; Saito, I., Bioorg. Med. Chem. 2003, 11, 2347-2353.
(8) Formation and Destruction of the Guanine Quartet in Solution Observed by Cold-Spray Ionization Mass Spectrometry, Sakamoto, S. ; Nakatani, K. ; Saito, I., Yamaguchi, K., Chem. Commun. 2003, 788-789.
(9) Affinity Labeling of a Single Guanine Bulge, Nakatani, K. ; Horie, S. ; Saito, I., J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 8972-8973.
(10) Hole Trapping at N6-Cyclopropyldeoxyadenosine Suggests a Direct Contribution of Adenine Bases to Hole Transport through DNA, Dohno, C. ; Ogawa, A. ; Nakatani, K. ; Saito, I. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 10154-10155.
(11) The SPR Sensor Detecting The Cytosine-Cytosine Mismatches, Kobori, A. ; Horie, S. ; Suda, H. ; Saito, I. ; Nakatani, K. J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 557-562.
(12) Detection of Guanine-Adenine Mismatches by Surface Plasmon Resonance Sensor carrying Naphthyridine-Azaquinolone Hybrid on the Surface, Hagihara, S. ; Kumasawa, H. ; Goto, Y. ; Hayashi, G. ; Kobori, A. ; Saito, I. ; Nakatani, K. Nucleic Acids Res. 2004, 32, 278-286.
(13) Highly Sensitive Detection of GG Mismatched DNA by Surfaces Immobilized Naphthyridine Dimer through Poly(ethylene oxide) Linkers, Nakatani, K. ; Kobori, A. ; Kumasawa, H. ; Saito, I. Bioorg. Med. Chem. Lett. 2004, 14, 1105-1108.
(14) Solvent Effects on the Suppression of Oxidative Decomposition of Guanine by Phenyl Group Attachment in DNA, Yokojima, S. ; Okada, A. ; Yanoi, W. ; Yoshiki, N. ; Kurita, N. ; Tanaka, S. ; Nakatani, K. J. Phys. Chem. B 2004, 108, 7500-7505.
(15) The binding of Guanine-Guanine Mismatched DNA to Naphthyridine Dimer Immobilized Sensor Surfaces: Kinetic Aspects, Nakatani, K. ; Kobori, A. ; Kumasawa, H. ; Goto, Y. ; Saito, I. Bioorg. Med. Chem. 2004, 12, 3117-3123.
(16) 2-Ureidoquinoline: a useful molecular element for stabilizing single cytosine ant thymine bulges, Kobori, A. ; Murase, T. ; Suda, H. ; Saito, I. ; Nakatani, K. Bioorg. Med. Chem. Lett. 2004, 14, 3431-3433.
(17) 2002年第75回日本生化学会シンポジウム「SPRによるミスマッチDNAの検出」
(18) 2002年第8回機能性ホスト・ゲスト研究会サマーセミナー「ミスマッチDNAの認識」
(19) 2002年第5回CREST計算化学研究会「Simulation-Aided DNA Chemistry」
(20) 2002年京都大学工学研究科物質エネルギー化学攻分子特別セミナー「DNAと有機化学:反応と認識」
(21) 2002年日本電子マスユーザーミーティング「DNAミスマッチ塩基対の認識SNPタイピングへの応用-」
(22) 2003年第5回生命化学研究会「DNAの特異構造を認識するドラッグの分子設計」
(23) 2003年日本薬学会123年会シンポジウム(有機化学のフロンティア)「ミスマッチ認識リガンドを用いるSNPタイピング」
(24) 2003年大阪府立大学白鷺セミナー「DNAに結合する有機分子リガンドの分子設計」
(25) 2003年JSTシンポジウム「生体高分子モデリングの新たな世界」「ゲノムケミストリーを支える分子設計」
(26) 2003年第52回高分子討論会「ミスマッチ検出チップの開発」
(27) 2003年東京大学工学研究科化学生命工学セミナー「核酸の特異構造を認識する分子の設計」
(28) 2003年東京大学薬学研究科「特異な核酸構造に結合する低分子リガンドの開発」
(29) 2004年大阪大学産業科学研究所シンポジウム「DNAの機能化学」「ミスマッチ検出表面プラズモン共鳴センサーの開発」
(30) 2004年JST異分野研究者交流フォーラム「ゲノムケミストリーに基づく総合的遺伝子診断・治療法の新技術創出」「核酸結合性分子の新機能創出」
(31) 2004年第4回大阪工業大学バイオベンチャーフォーラム「ミスマッチ検出表面プラズモン共鳴センサーの開発、SNPタイピングの新手法」
(32) 2004年日本化学会年会特別講演「ミスマッチ結合リガンドによるSNP検出法の開発」
(33) 2004年慶應義塾大学21世紀COEプログラムKEIO LCC講演会「ミスマッチ検出SPRセンサーの開発、一塩基変異の検出に向けて」
(34) 2004年JST-SORSTジョイントシンポジウム(1)「DNAコンジュゲートケミストリー」「ミスマッチ認識に基づいたSNPs(遺伝子一塩基多型)検出センサーの開発」
(35) 2004年日本学術振興会 薄膜第131委員会 第221回研究会「表面プラズモン共鳴によるDNAミスマッチ評価」
(36) International Symposium on Bioorganic Chemistry 2002 (ISBOC6) (Toronto) August 2002, Molecular Design of Mismatch DNA-binding Ligands: Application to the Detection of Single Nucleotide Polymorphisms (SNPs)
(37) International Conference of Photochemistry 2003 (NARA) July 30, The Charge Transport in Duplex DNA containing Hole-Trapping Nucleotide Bases
(38) 2nd Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists 2003 (Nagoya) September 23, Molecular Design of Ligands Binding to Mismatched Base Pairs in Duplex DNA
(39) Tateshina Conference on Organic Chemistry 2003 (Nagano) November 16, Small Molecular Ligands Binding to Mismatches DNA
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/合成と制御
研究報告資料
  • 中谷 和彦. 小さな分子で遺伝子を捕まえる -DNA-ドラッグ間相互作用の精密制御-. さきがけライブ2004 物質科学・生命分野 さきがけタイプ研究報告会 「合成と制御」領域 講演要旨集(第1期研究者)(研究期間2001-2004), 2004. p.25 - 41.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 科学技術振興機構, . 中谷 和彦, 堀江 壮太, . プローブの蛍光標識化方法. 特開2005-013023. 2005-01-20
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     
( 2 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 齋藤 烈, 中谷 和彦, 山東 信介, . テロメアなどに結合し得る分子、それを用いた方法. 特開2002-030094. 2002-01-29
  • A61K 31/4375    
  • A61K 45/00      
  • A61P 35/00      
  • A61P 43/00      
  • C07D471/04      
  • C12N  9/99      
  • C12N 15/00      
( 3 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 中谷 和彦, 齋藤 烈, 萩原 伸也, 熊澤 裕之, 堀江 壮太, . グアニンバルジ修飾分子. 特開2003-261567. 2003-09-19
  • C07D 471/04     
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/566    
  • G01N  33/58     
  • C07H  21/04     
( 4 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 中谷 和彦, 齋藤 烈, 萩原 伸也, 熊澤 裕之, . ミスマッチ検出分子. 特開2003-259899. 2003-09-16
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     
  • C07D 519/00     
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/566    
( 5 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 中谷 和彦, 小堀 哲生, 須田 仁志, 齋藤 烈, . バルジ塩基認識分子およびバルジ塩基検出方法. 特開2004-262827. 2004-09-24
  • C07D 471/04     
  • C12M   1/00     
  • C12M   1/34     
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     
  • G01N  33/53     
  • G01N  33/566    

PAGE TOP