TOP > 研究報告検索 > 次世代型天然物合成を目指した基礎的研究

次世代型天然物合成を目指した基礎的研究

研究報告コード R070000030
整理番号 R070000030
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 西川 俊夫
研究者所属機関
  • 名古屋大学大学院生命農学研究科応用分子生命科学専攻
研究機関
  • 名古屋大学大学院生命農学研究科応用分子生命科学専攻
報告名称 次世代型天然物合成を目指した基礎的研究
報告概要 天然から発見された有機化合物(天然物)の中には、優れた生理活性を示し医薬品などへの開発が期待されながら、ごく僅かしか得られないために化学合成による供給が期待されているものが数多くあります。しかしその多くは複雑な構造のため、現在なお完全化学合成による供給が極めて困難な状況にあります。本研究では天然物合成への社会的期待に応えられるような真に効率の良い合成を実現するために必要な解決策を見出す事を目的としています。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000030_01SUM.gif R070000030_02SUM.gif R070000030_03SUM.gif R070000030_04SUM.gif R070000030_05SUM.gif R070000030_06SUM.gif R070000030_07SUM.gif R070000030_08SUM.gif R070000030_09SUM.gif R070000030_10SUM.gif R070000030_11SUM.gif R070000030_12SUM.gif R070000030_13SUM.gif R070000030_14SUM.gif R070000030_15SUM.gif
研究分野
  • 天然有機化合物一般
関連発表論文 (1) Ohyabu, N.; Nishikawa, T.; Isobe, M. The First Asymmetric Total Synthesis of Tetrodotoxin, Journal of American Chemical Society, 2003, 125, 8798-8805.
(2) Yotsu-Yamashita, M.; Urabe, D.; Asai, M.; Nishikawa, T.; Isobe, M. Biological activity of 8,11-dideoxytetrodotoxin: Lethality to mice and the inhibitory activity to cytotoxicity of ouabain and veratridine in mouse neuroblastoma cells, Neuro-2a, Toxicon, 2003, 42, 557-560.
(3) Nishikawa, T.; Mishima, M.; Ohyabu, N.; Isobe, M. A Novel and Highly Stereoselective Carbon-chain Extension Reaction at the C-6 Position of 1,6-Anhydropyranose, Tetrahedron Letters, 2004, 45, 175-178.
(4) Nishikawa, T.; Urabe, D.; Yoshida, K.; Iwabuchi, T.; Asai, M.; Isobe, M. Stereocontrolled Synthesis of 8,11-Dideoxytetrodotoxin, Unnatural Analog of Puffer Fish Toxin. Chemistry, A European Journal. 2004, 10, 452-462.
(5) Nishikawa, T.; Kajii, S.; Sato, C.; Yasukawa, Z.; Kitajima, K.; Isobe, M. α-C-Mannnosyltryptophan is not recognized by conventional mannose-binding lectins. Bioorganic Medicinal Chemistry, 2004, 12, 2343-2348.
(6) Nishikawa, T.; Kajii, S.; Isobe, M. Synthesis of Model Compound Containing an Indole Spiro-β-lactam Moiety with Vinylchloride in Chartellines. Chemistry Letters, 2004, 33, 440-44.
(7) Nishikawa, T.; Urabe, D.; Isobe, M. An efficient total synthesis of optically active tetrodotoxin. Angewante. Chemie International Edition, 2004, 43, 4782-4785.
(8) Nishikawa, T.; Kajii, S.; Isobe, M. Novel Synthesis of Bromoindolenine with Spiro-β-lactam in Chartelline. Synlett, 2004, 2025-2027.
(9) Urabe, D.; Sugino K.; Nishikawa, T.; Usobe, M. A novel deprotection of trichloroacetamide, Tetrahedron Letters, 2004, 45, 9405-9407.
(10) Nishikawa, T.; Koide, Y.; Kajii, S.; Wada, K.; Ishikawa, M., Isobe, M. Stereocontrolled Synthesis of α-C-Mannosyltryptohan and its Analogues. Organic Biochemical Chemistry, 2005, 3, 687-700.
(11) Tsujimoto, T.; Nishikawa, T.; Urabe, D.; Isobe, M. Synthesis of Functionalized Cyclopentane for Pactamycin, A potent Antitumor Antibiotic, Synlett 2005, 433-436.
(12) フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成--古くて新しい合成標的--。有機合成化学協会中国四国支部、第55回パネル討論会(徳島)、2003,6,7.
(13) 新規微量糖鎖C-マンノシルトリプトファンの生物有機化学的研究。糖鎖科学名古屋拠点シンポジウム(名古屋大学VBL)2005,3,15.
(14) フグ毒テトロドトキシンの全合成研究。平成17年度有機合成化学協会東海支部 若手研究者のためのセミナー(名古屋大学VBL)2005,7,9.
(15) フグ毒テトロドトキシンの全合成--その道のり--。第40回天然物化学談話会(伊豆熱川)2005,7,13-7,15.
(16) フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成--古くて新しい合成標的--。日本薬学会北陸支部特別講演会(富山大学薬学部)2005,10,14.
(17) Nishikawa, T.; Ohyabu, N.; Isobe, M. Total Synthesis of Optically Active Tetrodotoxin. 19th International Conference of Heterocyclic Chemistry, (Colorado, USA) 2003, 8, 11-.
(18) Nishikawa, T.; Ohyabu, N.; Isobe, M. Asymmetric Total Synthesis of Tetrodotoxin. Japan-Korea Young Scientist Meeting on Bioorganic and Natural Products Chemistry (Daejeon, Korea) 2003, 9, 17-19.
(19) Nishikawa, T.; Urabe, D.; Koide, Y.; Isobe, M. Synthesis of Tetrodotoxin and its related Compounds. The 2nd Yamada Symposium on Key Natural Organic Molecules in Biological Systems (Awaji, Japan) 2005, 9, 10-14.
(20) 西川俊夫:構造の特異な生理活性物質の合成研究-環状エンジイン化合物の合成研究。有機合成化学協会誌 62、226-237、2004.
(21) 磯部 稔、西川俊夫:フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成。化学と工業、57、49-52. 2004.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/合成と制御
研究報告資料
  • 西川 俊夫. 次世代型天然物合成を目指した基礎的研究. さきがけプログラム「合成と制御」領域 Ⅱ期研究者・研究報告書(研究期間2002-2005年), 2006. p.99 - 112.

PAGE TOP