TOP > 研究報告検索 > 異種ポリフィリノイドの創製

異種ポリフィリノイドの創製

研究報告コード R070000038
整理番号 R070000038
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 古田 弘幸
研究者所属機関
  • 九州大学大学院工学研究院
研究機関
  • 九州大学大学院工学研究院
報告名称 異種ポリフィリノイドの創製
報告概要 π共役系化合物は光・電子・磁気機能性材料を始めとして、医療、診断など、幅広い分野への応用展開が期待されている。代表的π共役環状分子であるポルフィリンを「変異」させることにより、異種ポルフィリノイドを創製し、従来のポルフィリン化合物ではなし得ない特性を持つ機能性分子群を出現させること事をめざした。具体的には、ポルフィリン環を構成するピロール環の連結位置をずらす合成戦略(「混乱」アプローチ)により「変異」を導入し、「混乱」の数や位置、環サイズを系統的に変化させた多種類の「N-混乱ポルフィリノイド」を合成し、それらの物性検討を通じて、機能性分子化に必要な知見を得る事を研究課題とした。N-混乱ポルフィリノイドは、環外周部に窒素原子を配置できることから、あたかもピリジン、ピロール、イミダゾールのような酸や塩基、金属配位挙動が期待できる、環拡張型ヘテロ芳香族化合物とも分類できるが、同時にまた、ポルフィリン環特有の環内部金属配位能も保持している。混乱ポルフィリノイド化学とも呼びうる独特の化合物特性を発現する事から、将来、工学、医薬などの分野でリード化合物としての役割を担っていくことが期待される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000038_01SUM.gif R070000038_02SUM.gif R070000038_03SUM.gif R070000038_04SUM.gif R070000038_05SUM.gif R070000038_06SUM.gif R070000038_07SUM.gif R070000038_08SUM.gif
研究分野
  • 八員環以上の複素環化合物
関連発表論文 (1) Morimoto, T.; Taniguchi, S.; Osuka, A.; Furuta, H. "N-Confused Porphine" Eur. J. Org. Chem. 2005, 3887-3890.
(2) Srinivasan, A.; Furuta, H. "Confusion Approach in the Porphyrinoid Chemistry" Acc. Chem. Res. 2005, 38, 10-20.
(3) Xie, Y.; Morimoto, T.; Furuta, H. "Sn(IV) Complexes of N-Confused Porphyrin and N-Confused Oxoporphyrin─Unique Fluorescence Switch-on Halide Receptors" Angew. Chem. Int. Ed. 2006, 45, 6907-6910.
(4) Maeda, H.; Morimoto, T.; Osuka, A.; Furuta, H. "Halide Anion Binding by Singly and Doubly N-Confused Porphyrin" Chem. Asian J. 2006, I, 832-844.
(5) Morimoto, T.; Uno, H.; Furuta, H. "Benzene Trimer Interaction Modulates Supramolecular Structures", Angew. Chem. Int. Ed. 2007, in press.
(6) Hiroyuki Furuta, Alagar Srinivasan, Hiromitsu Maeda, Tomoya Ishizuka, Tatsuki Morimoto, "Coordination Chemistry of Multiply N-Confused Porphyrinoids", ICPP-3, New Orleans, USA, 2004, July.
(7) Hiroyuki Furuta, "Metal Coordination Chemistry of N-Confused Porphyrinoids", ICSS&T, Prague, 2004, September.
(8) Hiroyuki Furuta, Hiromitsu Maeda, Tatsuki Morimoto, "Halide Anion Binding by Singly and Doubly N-Confused Porphyrins", XXX International Symposium on Macrocyclic Chemistry Dresden, Germany, 2005, July.
(9) Hiroyuki Furuta, "Confusion Approach to Porphyrinoids", The 2nd Taiwan-Japan Conference on Molecular Architecture of Organic Compounds for Functional Designs, Fukuoka, Japan, 2006, March.
(10) Hiroyuki Furuta, Yong-Shu Xie, Tatsuki Morimoto, Hiromitsu Maeda, "Anion Binding of N-Confused Porphyrins", ICPP-4, Rome, Italy, 2006, July.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/合成と制御
研究報告資料
  • 古田 弘幸. 異種ポリフィリノイドの創製. さきがけプログラム「合成と制御」領域 Ⅲ期研究者・研究報告書(研究期間2003-2006年), 2007. p.47 - 51.

PAGE TOP