TOP > 研究報告検索 > γヘルペスウイルス潜伏感染機構の解析とその制御法確立へのアプローチ

γヘルペスウイルス潜伏感染機構の解析とその制御法確立へのアプローチ

研究報告コード R070000063
整理番号 R070000063
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 上田 啓次
研究者所属機関
  • 大阪大学大学院医学系研究科
研究機関
  • 大阪大学大学院医学系研究科
報告名称 γヘルペスウイルス潜伏感染機構の解析とその制御法確立へのアプローチ
報告概要 ヘルペスウイルスは宿主細胞内に潜伏感染し感染後一生涯宿主に留まり、その間様々な病態をひき起こす。例えばαヘルペスウイルスは神経節に潜伏感染し、時に急性発症して口唇ヘルペスや帯状疱疹などを一生の間何回となくひきおこす。βヘルペスウイルスの一つであるサイトメガロウイルスは様々な細胞に感染するが特に免疫不全状態において網膜症や移植拒絶など重大な病態をひき起こす。γヘルペスウイルスであるEpstein-Barr virus (EBV)とKaposi' s sarcoma-associated herpesvirus (KSHV)は、Bリンパ球に潜伏感染しやはりAIDSなどの免疫不全状態でBリンパ腫などの発癌に関わるとされる。そしてこの2つのヒトヘルペスウイルスだけが、vitroにおいて潜伏感染状態が維持継続されウイルス感染細胞株の増殖に大きな影響を与えている。潜伏感染状態ではウイルス遺伝子の発現は1~2領域の数個の遺伝子に限られ極めて厳密に制御されている。また潜伏感染を維持継続するには、ウイルス自身が宿主細胞周期に合わせて1回の複製・分配過程をウイルスゲノムのエピジェネティックな情報を保持しつつ完遂しなければならず、この過程には精緻な制御機構が存在していると思われる。私どもはこの制御の分子メカニズムを明らかにし、この分子を標的とした制御法を確立することにより、特に発癌に関係すると考えられているウイルスの排除を目指している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000063_01SUM.gif R070000063_02SUM.gif
研究分野
  • ウイルス感染の生理と病原性
  • 感染症・寄生虫症一般
関連発表論文 (1) Ohsaki, E., Ueda, K., Sakakibara, S., Do, E., Yada, K. and Yamanishi, K. PARP1 (poly(ADP-ribose) polymerase 1) Binds with Kaposi's sarcoma-Associated Herpesvirus (KSHV) Terminal Repeat Sequence and Modulates KSHV Replication in Latency. J, Virol. 78 (18): 9936-9946, 2004.
(2) Nishimura, K., Ueda, K., Guwanan, E. Sakakibara, S., Do, E., Osaki, E., Yada, K., Okuno, T. and Yamanishi, K. A Posttranscriptional Regulator of Kaposi's Sarcoma-Associated Herpesvirus Interacts with RNA-binding Protein PCBP1 and Controls Gene Expression through the IRES. Virology 325: 364-378, 2004
(3) Ohkawa, K., Ishida, H., Nakanishi, F., Hosui, A., Ueda, K., Takehara, T., Hori, M., Hayashi, N. Hepatitis C virus core functions as a suppressor of cyclin-dependent kinase-activating kinase and impairs cell cycle progression. J. Biol. Chem. 279: 11719-11726, 2004.
(4) Sakakibara, S., Ueda, K., Nishimura, K., Ohsaki, E., Do, E. and Yamanishi, K. Accumulation of heterochromatin components on the terminal repeat sequence of Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus mediated by the latency-associated nuclear antigen. J. Virol. 78 (14): 7299-7310, 2004.
(5) Hosui, A., Ohkawa, K., Ishida, H., Sato, A., Nakanishi, F., Ueda, K., Takehara, T., Kasahara, A., Sasaki, Y., Hori, M., and Hayashi, N. Hepatitis C virus core protein differently regulates the Jak-STAT signaling pathway under inerleukin-6 and inerferon- stimuli. J, Biol. Chem. 278: 28562-28571, 2003.
(6) Nishimura, K., Ueda, K., Sakakibara, S., Do, E., Ohsaki, E., Okuno, T., and Yamanishi, K., A Viral transcriptional activator of Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus (KSHV) induces apoptosis, which is blocked in KSHV-infected cells. Virology 316: 64-74, 2003.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 上田 啓次. γヘルペスウイルス潜伏感染機構の解析とその制御法確立へのアプローチ. 「生体と制御」研究領域 第一回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2004. p.8 - 10.

PAGE TOP