TOP > 研究報告検索 > IL-27/IL-27受容体シグナルによる免疫応答制御機構の解析

IL-27/IL-27受容体シグナルによる免疫応答制御機構の解析

研究報告コード R070000068
整理番号 R070000068
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 吉田 裕樹
研究者所属機関
  • 佐賀大学医学部
研究機関
  • 佐賀大学医学部
報告名称 IL-27/IL-27受容体シグナルによる免疫応答制御機構の解析
報告概要 Tリンパ球のうち、CD4陽性細胞は、サイトカインと呼ばれる物質を産生する事により免疫反応を調節する役割を持っている。CD4陽性T細胞が初めて抗原刺激を受けると、Th1あるいはTh2と呼ばれるサイトカインの産生パターンが異なる二つの細胞集団を形成する様に性質が変化(分化)していく。Th1細胞群は主としてIFN-γを産生することによりマクロファージの活性化を引き起こし、細胞性免疫により細胞内寄生病原体に対する免疫反応などに関与する。Th2細胞群はIL-4などのサイトカインを産生し、B細胞による抗体産生を調節して抗体による液性免疫を担い、またIgE型抗体産生を高めることによりマスト細胞の活性化を介して腸管内寄生虫の排除に関わる。Th1/Th2への細胞の分化にはサイトカインが重要な役割を果たしており、IL-12がTh1への分化を、IL-4がTh2への分化を誘導する。IL-12はp35とp40という二つの分子からなる“composite cytokine”で、Th1分化に最も重要なサイトカインとされてきたが、近年、IL-27とIL-23という二つの新たなcomposite cytokineが発見され、IL-12サイトカインファミリーを形成することが明らかになった。本研究では、IL-27受容体(WSX-1分子)遺伝子を欠損するWSX-1ノックアウトマウスを解析することにより、新規IL-12関連サイトカインIL-27の役割を明らかにすることを目的とし、さらにIL-27/WSX-1のシグナルと病態とのかかわりの解明や治療への応用を目指している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000068_01SUM.gif R070000068_02SUM.gif
研究分野
  • 免疫反応一般
関連発表論文 (1) Artis, D., A. Villarino, M. Silverman, W. He, E. M. Thornton, S. Mu, S. Summer, T. M. Covey, E. Huang, H. Yoshida, G. Koretzky, M. Goldschmidt, G. D. Wu, F. d. Sauvage, H. R. P. Miller, C. J. M. Saris, P. Scott, and C. A. Hunter, The IL-27 Receptor (WSX-1) Is an Inhibitor of Innate and Adaptive Elements of Type 2 Immunity. J Immunol in press.
(2) Bancroft, A. J., N. E. Humphreys, J. J. Worthington, H. Yoshida, and R. K. Grencis. 2004. WSX-1: A Key Role in Induction of Chronic Intestinal Nematode Infection. J Immunol 172:7635.
(3) Yamanaka, A., S. Hamano, Y. Miyazaki, K. Ishii, A. Takeda, T. W. Mak, K. Himeno, A. Yoshimura, and H. Yoshida. 2004. Hyperproduction of Proinflammatory Cytokines by WSX-1-Deficient NKT Cells in Concanavalin A-Induced Hepatitis. J Immunol 172:3590.
(4) Hamano, S., K. Himeno, Y. Miyazaki, K. Ishii, A. Yamanaka, A. Takeda, M. Zhang, H. Hisaeda, T. W. Mak, A. Yoshimura, and H. Yoshida. 2003. WSX-1 Is Required for Resistance to Trypanosoma cruzi Infection by Regulation of Proinflammatory Cytokine Production. Immunity 19:657.
(5) Villarino. A., L. Hibbert, L. Lieberman, E. Wilson, T. Mak, H. Yoshida, R. A. Kastelein, C. Saris, and C. A. Hunter, 2003. The IL-27R (WSX-1) Is Required to Suppress T cell Hyperactivity during Infection. Immunity 19:645.
(6) Takeda, A., S. Hamano, A. Yamanaka, T. Hanada, T. Ishibashi, T. W. Mak, A. Yoshimura, and H. Yoshida, 2003. Cutting Edge: Role of IL-27/WSX-1 Signaling for Induction of T-Bet Through Activation of STAT1 During Initial Th1 Commitment. J Immunol 170:4886.
(7) Hanada, T., H. Yoshida, S. Kato, K. Tanaka, K. Masutani, J. Tsukada, Y. Nomura, H. Mimata, M. Kubo, and A. Yoshimura, 2003. Suppressor of cytokine signaling-1 is essential for suppressing dendritic cell activation and systemic autoimmunity. Immunity 19:437.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 吉田 裕樹. IL-27/IL-27受容体シグナルによる免疫応答制御機構の解析. 「生体と制御」研究領域 第一回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2004. p.28 - 30.

PAGE TOP