TOP > 研究報告検索 > 病原性微生物抗原を利用した新規癌免疫療法の開発

病原性微生物抗原を利用した新規癌免疫療法の開発

研究報告コード R070000070
整理番号 R070000070
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 田中 義正
研究者所属機関
  • 京都大学大学院生命科学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院生命科学研究科
報告名称 病原性微生物抗原を利用した新規癌免疫療法の開発
報告概要 ヒトT細胞はαβ型とγδ型の二種類に大別される。ヒトαβ型T細胞は、マクロファージや樹状細胞などの抗原提示細胞上に提示された抗原性ペプチド/主要組織適合性抗原(MHC)複合体をT細胞受容体により認識し、その際、CD4あるいはCD8分子がコレセプターとして作用する。一方、ヒトγδ型T細胞は、その多くがVγ2Jγ1、2Vδ2の表現型を示し、CD4およびCD8のコレセプターを有せず、MHC依存性も認められない。また、抗原もペプチドではなく、結核菌、マラリア原虫、ピロリ菌など、病原性微生物の産生するピロリン酸モノエステル、あるいは、アルキルアミンなどの非ペプチド性化合物であり、その認識はγδ型T細胞受容体(TCR)依存的であることが知られている。このようにヒトγδ型T細胞の抗原認識はαβ型T細胞のそれとは大きく異なり、その詳細はまだ明らかにされていない。一方、その機能に関しては、抗原として病原性微生物の産生する、いわゆるPAMPsを認識し、炎症性サイトカイン等を産生することから、自然免疫系と適応性免疫系との間を繋ぐブリッジの役割をしていると考えられている。また、腫瘍細胞に対しては、ナチュラルキラー細胞様の活性も示すが、RPM18226細胞やDaudi細胞などに対してはTCR依存的な細胞傷害性も示す。さらに、非ペプチド性抗原で処理したほとんどのヒト腫瘍細胞に対して、強いTCR依存的細胞傷害性を示すことから、腫瘍免疫と感染免疫との交差性も有している。本研究課題においては、γδ型T細胞を構造学的に解析するとともに、それをもとにした構造・機能相関を検討することにより、γδ型TCRによる非ペプチド性抗原認識機構を分子レベルで解析した。さらに、非ペプチド性抗原で処理したヒト腫瘍細胞を認識する際の副シグナル分子の同定を行った。また、本研究課題によって得られた基礎的知見をもとに、病原性微生物の産生する非ペプチド性抗原あるいはその類縁体を用いた新しい抗腫瘍標的免疫療法の開発を行った。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000070_01SUM.gif R070000070_02SUM.gif
研究分野
  • 腫よう免疫
  • 抗腫よう薬の基礎研究
  • 腫ようの免疫療法
関連発表論文 (1) Ying Li, Takaaki Koshiba, Atsushi Yoshizawa, Yukihide Yonekawa, Kosuke Masuda, Atsushi Ito, Mikiko Ueda, Takehide Mori, Hiroshi Kawamoto, Yoshimasa Tanaka, Shimon Sakaguchi, Nagahiro Minato, Kathryn J. Wood, and Koichi Tanaka Analyses of peripheral blood mononuclear cells in operational tolerance after pediatric living donor liver transplantation Am. J. Transplant. 4: 2118-2125 (2004)
(2) Taku Okazaki, Yoshimasa Tanaka, Ryosuke Nishio, Tamotsu Mitsuiye, Akira Mizoguchi, Jian Wang, Masayoshi Ishida, Hiroshi Hiai, Akira Matsumori, Nagahiro Minato, and Tasuku Honjo Autoantibodies against cardiac troponin I are responsible for the dilated cardiomyopathy in PD-1 deficient mice Nature Med. 12: 1477-1483 (2003).
(3) Seiji Yamashita, Yoshimasa Tanaka, Masashi Harazaki, Bunzo Mikami, and Nagahiro Minato Recognition mechanism of non-peptide antigens by human gd T cells Int. Immunol. 15: 1-7 (2003).
(4) Yu Kato, Yoshimasa Tanaka, Hidenori Tanaka, Seiji Yamashita, and Nagahiro Minato Requirement of species-specific interactions for the activation of human gd T cells by pamidronate J. Immunol. 170: 3608-3613 (2003).
(5) Yoshiko Iwai, Masayoshi Ishida, Yoshimasa Tanaka, Taku Okazaki, Tasuku Honjo, and Nagahiro Minato Involvement of PD-L1 on tumor cells in the escape from host immune system and tumor immunotherapy by PD-L1 blockade Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 99: 12293-12297 (2002).
(6) Masayoshi Ishida, Yoshiko Iwai, Yoshimasa Tanaka, Taku Okazaki, Gordon J. Freeman, Nagahiro Minato, and Tasuku Honjo Differential expression of PD-L1 and PD-L2, ligands for an inhibitory receptor PD-1, in the cells of lymphohematopoietic tissues Immunol. Lett. 84: 57-62 (2002).
(7) Fumi Miyagawa, Yoshimasa Tanaka, Seiji Yamashita, Bunzo Mikami, Kiichiro Danno, Masami Uyehara, and Nagahiro Minato Essential contribution of germline-encoded lysine residues in Jg1.2 segment to the recognition of nonpeptide antigens by human gd T cells J. Immunol. 167: 6773-6779 (2001).
(8) Yoshimasa Tanaka and Takehiko Uchiyama 2-Methyl-3-butenyl-1-pyrophosphoric acid salts and agents for treating lymphocytes United States Patent, US 6,534,050 B1, Mar. 18, 2003.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 田中 義正. 病原性微生物抗原を利用した新規癌免疫療法の開発. 「生体と制御」研究領域 第一回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2004. p.36 - 38.

PAGE TOP