TOP > 研究報告検索 > ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明

ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明

研究報告コード R070000074
整理番号 R070000074
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 川口 寧
研究者所属機関
  • 東京大学医科学研究所附属感染症国際研究センター感染制御部門
研究機関
  • 東京大学医科学研究所附属感染症国際研究センター感染制御部門
報告名称 ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明
報告概要 単純ヘルペスウイルス(HSV: herpes simplex virus)は、ヘルペスウイルスのプロトタイプであり、ヒトに口唇ヘルペス、性器ヘルペス、眼疾患、小児ヘルペス等の多様な病態を引き起こす。アメリカ合衆国においては、年間1,000万人以上が再発性の性器ヘルペスに罹患し、性器ヘルペスを含むHSV感染症の総医療費は、年間30億ドル(3,500億円)と試算されている。テクノロジーの進歩が研究の進展を後押しすることがよく知られている。本研究において我々は、ヘルペスウイルス研究における「効率的な研究遂行」や「新たなパラダイムの構築」を可能とする新しいテクノロジーの開発を試みた。さらに、開発したテクノロジーを利用して、HSVの増殖機構の一端を解明することを試みた。ウイルスの増殖機構を理解できれば、おのずとその増殖を阻害する、つまり、HSVを含むヘルペスウイルス感染症を制圧する方法が見えてくるものと我々は考えている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000074_01SUM.gif
研究分野
  • ウイルス感染の生理と病原性
関連発表論文 (1) A. Kato, M. Yamamoto, T. Ohno, M. Tanaka, T. Sata, Y. Nishiyama, and Y. Kawaguchi. Herpes Simplex Virus 1-Encoded Protein Kinase UL13 Phosphorylates the Viral Us3 Protein Kinase and Regulates nuclear Localization of Viral Envelopnment Factors UL34 and UL31. J. Virol. (in press).
(2) A. Kato, M. Yamamoto, T. Ohno, H. Kodaira, Y. Nishiyama, and Y. Kawaguchi. (2005) Identification of proteins phosphorylated directly by the Us3 Protein kinase encoded by herpes simplex virus 1. J. Virol. 79; 9325-9331.
(3) M. Tanaka, Y. Nishiyama, T. Sata, and Y. Kawaguchi. (2005) The role of protein kinase activity expressed by the UL13 gene of herpes simplex virus 1: The activity is not essential for optimal expression of ICP0 and UL41. Virology 341: 301-312.
(4) N. Nozawa, Y. Kawaguchi, M. Tanaka, A. Kato, A. Kato, H. Kimura, and Y. Nishiyama. (2005) Herpes Simplex Virus Type 1 UL51 Protein Is Involved in Maturation and Egress of Virus Particles. J. Virol. 79: 6947-6956.
(5) T. Koshizuka, Y. Kawaguchi, and Y. Nishiyama. (2005) The HSV-2 membrane protein UL56 associates with the kinesin motor protein KIFIA. J. Gen. Virol. 86: 527-533.
(6) M. Kanamori, S. Watanabe, R. Honma, M. Kuroda, S. Imai, K. Takada, N. Yamamoto, Y. Nishiyama, and Y. Kawaguchi. (2004) Epstein-Barr Virus Nuclear Antigen Leader Protein Induces Expression of Thymus and Activation-Regulated Chemokine in B Cells. J. Virol. 78: 3984-3993.
(7) M. Tanaka, H. Kodaira, Y. Nishiyama, T. Sata and Y. Kawaguchi. (2004) Construction of recombinant herpes simplex virus type 1 expressing green fluorescence protein without loss of any viral genes. Microbes and Infection 6:485-493.
(8) Y. Kawaguchi, K. Kato, M. Tanaka, M. Kanamori, Y. Nishiyama, and Y. Yamanashi. (2003) Conserved Protein Kinases Encoded by Herpesviruses and a Cellular Protein Kinase Cdc2 Target the Same Phosphorylation Site In Eukaryotic Elongation Factor 1δ. J. Virol. 77: 2359-2368.
(9) Y. Kawaguchi and K. Kato. (2003) Protein kinases conserved in herpesviruses potentially share a function mimicking the cellular protein kinase cdc2. Rev. Med. Virol. 13: 331-340.
(10) K. Kato, A. Yokoyama, Y. Tohya, H. Akashi, Y. Nishiyama, and Y. Kawaguchi. (2003) Identification of protein kinases responsible for phosphorylation of Epstein-Barr virus nuclear antigen leader protein at serine 35 that regulates its coactivator function. J. Gen. Virol. 84: 3381-3392.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 川口 寧. ヘルペスウイルスの新しい改変系・可視化系の確立とウイルス病原性発現機構の解明. 「生体と制御」研究領域 第二回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2006. p.12 - 14.

PAGE TOP