TOP > 研究報告検索 > プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究

プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究

研究報告コード R070000075
整理番号 R070000075
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 坂口 末廣
研究者所属機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染分子病態学
研究機関
  • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染分子病態学
報告名称 プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究
報告概要 プリオン病は、異常プリオン蛋白(PrPSe)から構成されている病原体「プリオン」が体内に侵入し、宿主蛋白である正常プリオン蛋白(PrPC)をPrPSeへ構成的に構造変換することにより引き起こされる神経変性疾患である。我々は、PrPC欠損(PrP-/-)マウスを用いてPrPCの正常機能を解析した。また我々は、PrPCからPrPSeへの異常変換を阻害するsiRNAや抗PrP抗体の治療効果についても検討した。さらに我々は、レコンビナントPrPによるプリオンワクチンの効果についても検討した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000075_01SUM.gif
研究分野
  • ウイルス感染の生理と病原性
関連発表論文 (1) Yamanaka H, Ishibashi D, Yamaguchi N, Yoshikawa D, Nakamura R, Okimura N, Arakawa T, Tsuji T, Katamine S, Sakaguchi S: Enhanced mucosal immunogenicity of prion protein following fusion with B subunit of Escherichia coli heat-labile enterotoxin. Vaccine (in press)
(2) Sakurai-Yamashita Y, Sakaguchi S, Yoshikawa D, Okimura N, Masuda Y, Katamine S, Niwa M: Female-specific neuroprotein against transient brain ischemia observed in mice devoid of prion protein is abolished by ectopic expression of prion protein-like protein. Neuroscience 136, 281-287, 2005
(3) Sakaguchi S: Prion protein, prion protein-like protein, and neurodegeneration. Neurodegeneration and Prion Disease edited by David R. Brown, 167-193, 2005, Springer
(4) Arima K, Nishida N, Sakaguchi S, Shigematsu K, Atarashi R, Yamaguchi N, Yoshikawa D, Yoon J, Watanabe K, Kobayashi N, Mouillet-Richard S, Lehmann S, Katamine S: Biological and biochemical characteristics of prion strains conserved in persistently-infected cell cultures. Journal of Virology, 79, 7104-0112, 2005
(5) Atarashi R, Sakaguchi S, Shigematsu K, Katamine S: The absence of prion-like infectivity in mice expressing prion protein-like protein, EXCLI Journal, 3: 82-90, 2004
(6) Sakaguchi S: Antagonistic roles of prion protein and prion protein-like protein in neurodegeneration. Recent Research Developments in Experimental Medicine, 1: 47-61, 2004
(7) Yamaguchi N, Sakaguchi S, Shigematsu K, Okimura N, Katamine S: Doppel-induced Purkinje cell death is stoichiometrically abrogated by prion protein. Biochemical and Biophysical Research Communications 319: 1247-1252, 2004
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 坂口 末廣. プリオン病の治療及び予防を目指した基礎研究. 「生体と制御」研究領域 第二回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2006. p.16 - 18.

PAGE TOP