TOP > 研究報告検索 > ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析

ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析

研究報告コード R070000077
整理番号 R070000077
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 和田 昭裕
研究者所属機関
  • 長崎大学熱帯医学研究所病原因子機能解析分野
研究機関
  • 長崎大学熱帯医学研究所病原因子機能解析分野
報告名称 ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析
報告概要 世界人口の半数以上の人がヘリコバクター・ピロリに感染しており、現在では、胃炎、消化性潰瘍、MALTリンパ腫、胃癌の病因は、本菌なしでは論じられなくなっている。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者においてVacA毒素を産生するヘリコバクター・ピロリが高率に分離されることなどから、本菌感染による病態成立にVacA毒素が重要な役割を担うと考えられた。本研究では、VacA毒素の初期効果の解析として、VacA毒素とその受容体との相互作用をしらべる。その結果生じる細胞内での空胞形成とミトコンドリア障害から細胞死に至る病原メカニズムを明らかにする基礎的研究を展開し、本菌感染症の新たな予防・治療法の開発につながる基盤構築を目指すことを目的とした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000077_01SUM.gif
研究分野
  • 微生物感染の生理と病原性
関連発表論文 (1) Yahiro, K., Wada, A., Nakayama, M., Kimura, T., Ogushi, K., Niidome, T., Aoyagi, H., Yoshino, K., Yonezawa, K., Moss, J., and Hirayama, T., Protein-tyrosine phosphatase a, RPTPα, is a Helicobacter pylori VacA receptor., J, Biol. Chem., 278 (21), 19183-19189, 2003.
(2) Nakayama, M., Kimura, M., Wada, A., Yahiro, K., Ogushi, K., Niidome, T., Fujikawa, A., Shirasaka, D., Aoyama, N., Kurazono, H., Noda, M., Moss, J., and Hirayama, T., Helicobacter phlori VacA activates the p38/ATF-2-mediated signal pathway in AZ-521 cells., J. Biol. Chem., 279 (8), 7024-7028, 2004.
(3) Yahiro, K., Wada, A., Yamasaki, E., Nakayama, M., Nishi, Y., Hisatsune, J., Morinaga, N., Sap, J., Noda, M.,Moss, J., and Hirayama, T., Essential domain of receptor tyrosine phosphatase β,RPTPβ, for interaction with Helicobacter pylori vacuolating cytotoxin., J. Biol. Chem., 279(49), 51013-51021, 2004.
(4) Wada, A., Yamasaki, E., and Hirayama, T., Helicobacter pylori vacuolating cytotoxin, VacA, is responsible for gastric ulceratiom., J. Biochem., 136 (6), 741-746, 2004.
(5) De Guzman, B., Hisatsune, J., Nakayama, M., Yahiro, K., Wada, A., Yamasaki, E., Nishi, Y., Yasazaki, S., Azuma, T., Ito, Y., Ohtani, M., van der Wijk. T., den Hertog. J., Moss, J., and Hirayama, T., Cytotoxicity and recognition of receptor-like protein tyrosine phosphatase, RPTPα and RPTPβ, by Helicobacter pylori m2VacA., Cell. Microbiol., 7 (9), 1285-1293, 2005.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 和田 昭裕. ヘリコバクター・ピロリの空胞化致死毒素の宿主ターゲット分子と作用機序解析. 「生体と制御」研究領域 第二回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2006. p.24 - 26.

PAGE TOP