TOP > 研究報告検索 > 新規な腸管出血性大腸菌感染症治療薬の創製

新規な腸管出血性大腸菌感染症治療薬の創製

研究報告コード R070000078
整理番号 R070000078
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 西川 喜代孝
研究者所属機関
  • 国立国際医療センター研究所臨床薬理研究部
研究機関
  • 国立国際医療センター研究所臨床薬理研究部
報告名称 新規な腸管出血性大腸菌感染症治療薬の創製
報告概要 O157:H7などの腸管出血性大腸菌の感染は出血性大腸炎をひき起こすばかりでなく、時に溶血性尿毒症症候群(HUS)や脳症を併発させ、むしろこれらの合併症が患者を死にいたらしめる大きな原因となっている。Shiga toxin (Stx: ベロ毒素)は腸管出血性大腸菌の産生する主要な病原因子であり、血中に侵入したStxによる腎や脳の微小血管内皮の障害が上記合併症の原因と考えられている。従って、腸管内で産生されたStxを強力に吸着してStxの血中への侵入を阻害するStx吸着剤や、すでに血中に侵入したごく微量のStxに結合してその作用を阻害するStx中和剤は、本感染症の有効な治療薬になると期待される。本研究では、Stxに対する結合ユニット、およびそれを集積させる核構造を独自に開発し、新規なStx吸着剤およびStx中和剤を開発することを目的とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000078_01SUM.gif
研究分野
  • 抗細菌薬の基礎研究
  • 感染症・寄生虫症の治療
関連発表論文 (1) Watanabe M., Igai K., Matsuoka K., Miyazawa A., Watanabe T., Yanoshita R., Samejima Y., Terunuma D., Natori Y., and Nishikawa K., Structural analysis of the interaction between Shiga toxin B-subunits and linear polymers bearing clustered globotriose residues., Infect. Immun., in press.
(2) Nishikawa K., Matsuoka K., Watanabe M., Igai K., Hino K., Hatano K., Yamada A., Abe N., Terunuma D., Kuzuhara H., and Natori Y., Identification of the optimal structure for a Shiga toxin neutralizer with oriented carbohydrates to function in the circulation., J. Infect. Dis., 2005, 191, 2097-2105.
(3) Yamamoto E, T., Mizuno M., Nishikawa K., Miyazawa S., Zhang L., Matsuo S., and Natori Y., Shiga Toxin-1 causes direct renal injury in rats., Infect. Immun., 2005, 73, 7099-7106.
(4) Watanabe, M., Matsuoka, K., Kita, E., Igai, K., Higashi, N., Miyazawa, A., Watanabe, T., Yanoshita, R., Samejima, Y., Terunuma, D., Natori, Y., and Nishikawa, K., Oral therapeutic agents with highly clustered globotriose for treatment of Shiga toxigenic Escherichia coli infections., J. Infect. Dis., 2004, 189, 360-368.
(5) Yamasaki, C., Nishikawa K., Zeng, X., Komatsu N, Oda T., and Natori Y., Induction of cytokines by toxins that have an identical RNA N-glycosidase activity: Shiga toxin, ricin, and modeccin., Biochim. Biophys. Acta, 2004, 1671, 44-50.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 西川 喜代孝. 新規な腸管出血性大腸菌感染症治療薬の創製. 「生体と制御」研究領域 第二回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2006. p.28 - 30.

PAGE TOP