TOP > 研究報告検索 > リンパ球の分化を制御する転写調節機構の解明と治療への応用

リンパ球の分化を制御する転写調節機構の解明と治療への応用

研究報告コード R070000079
整理番号 R070000079
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 谷内 一郎
研究者所属機関
  • 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター免疫転写制御研究チーム
研究機関
  • 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター免疫転写制御研究チーム
報告名称 リンパ球の分化を制御する転写調節機構の解明と治療への応用
報告概要 生物の発生・分化プログラムの根幹をなすのは、ゲノム情報から適切な情報を適切な時期に発現させることであり、遺伝子発現(転写調節)制御機構の解明は広く生物学の重要な課題と言える。Runxファミリーは核内転写因子ファミリーであり、DNA結合領域であるRuntドメインを保有するαユニットがDNA結合能をもたないβユニットとヘテロ2量体を形成し、機能を発揮すると考えられており、生物種を超えて多くの発生・分化過程に重要な役割を果たすことが知られている。哺乳類ではαユニットをコードする遺伝子としてRunx1、Runx2、Runx3の3つの遺伝子、βユニットをコードする遺伝子としてCbfβ遺伝子が単離されている。いずれのRunxファミリー遺伝子も広く血球系細胞に発現しており、白血病や自己免疫疾患などのヒト疾患との関連性が指摘されている。一方で、免疫系細胞の分化や免疫系の機能制御におけるRunxファミリーの役割は良く解っていない。本研究課題では、リンパ球分化を制御する転写調節機構の解明を目標に、特にRunxファミリーに焦点を当て、主に遺伝学的なアプローチを用いて、免疫系の分化・機能制御におけるRunxファミリーの機能解明とRunxファミリー機能不全に起因する免疫疾患の発症機序の解明し、免疫疾患の新たな制御法の開発につながる成果を得ることを目標に研究を行った。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000079_01SUM.gif R070000079_02SUM.gif
研究分野
  • 白血球,リンパ球
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Taniuchi I, Ellmeier W and Littman D.R. (2004) The CD4/CD8 Lineage Choice: New Insights into Epigenetic Regulation during T Cell Development. Adv. Immunol. 83: 55-89.
(2) Taniuchi I, and Littman D.R. (2004) Epigenetic gene silencing by Runx proteins, Oncogene 23: 4341-45.
(3) Fukushima-Nakase Y, Naoe Y, Taniuchi I, Hosoi H, Sugimoto T, and Okuda T, (2005) Shared and distinct roles mediated through C-terminal subdomains of Acute Myeloid Leukemia/Runt-related Transcription Factor molecules in murine development. Blood 105: 4298-4307.
(4) Egawa T, Eberl G, Taniuchi I, Benlagha K, Geissmann F, Hennighausen L, Bendelac A and Littman D.R. (2005) Genetic Evidence supporting selection of the Val4i NKT cell lineage from double positive thymocyte precursors. Immunity 22: 705-716.
(5) Wang X, Blagden C, Fan J, Nowak S, Taniuchi I, Littman D.R and Burden S.J. (2005) Runx1 prevents wasting, myofibrillar disorganization, and autophagy of skeletal muscle. Genes & Dev. 19: 1715-1722.
(6) Grueter B, Petter M, Egawa T, Laule-Kilian K, Aldrian C.J, Wuerch A. Ludwig Y, Fukuyama H, Wardemann H, Waldschuetz R, Moroy T, Taniuchi I, Steimle V, Littman D.R and Ehlers M, (2005) Runx3 Regulates Integrin E/CD103 and CD4 Expression during Development of CD4-/CD8+ T Cells. J. Immunol. 175: 1694-1705.
(7) Kramer I, Sigrist M, de Nooij J.C, Taniuchi I, Jessell T.M and Arber S, (2006) A role for Runx transcriptional factor signaling in dorsal root ganglion sensory neuron diversification. Neuron, 49: 379-393.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 谷内 一郎. リンパ球の分化を制御する転写調節機構の解明と治療への応用. 「生体と制御」研究領域 第三回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2007. p.6 - 8.

PAGE TOP