TOP > 研究報告検索 > 免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2

免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2

研究報告コード R070000080
整理番号 R070000080
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 福井 宣規
研究者所属機関
  • 九州大学生体防御医学研究所免疫遺伝学分野
研究機関
  • 九州大学生体防御医学研究所免疫遺伝学分野
報告名称 免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2
報告概要 免疫応答の根幹をなす種々の細胞高次機能は、いずれも低分子量G蛋白質を介した細胞骨格の再構築により巧妙に制御されている。しかしながら、免疫細胞-例えばリンパ球は大部分が核で、細胞生物学的解析に不向きであるため、その制御機構の分子レベルでの理解は進んでいない。CDMファミリーは線虫から哺乳類に至るまで保存された分子群で、低分子量GTP結合蛋白質の上流で機能することで細胞骨格の制御に関わっている。研究者はこれまでに、免疫系特異的に発現するCDMファミリー分子としてDOCK2を同定し、この分子がケモカイン受容体やT細胞抗原受容体の下流で機能するRac活性化のマスター分子であり、リンパ球遊走や免疫シナプス形成に不可欠であることを明らかにしてきた。本研究では、DOCK2を含むCDMファミリー分子に焦点をあて、各種受容体刺激から細胞骨格再構築に至るシグナル伝達機構を解明し、その免疫系の発生・分化・恒常性維持や免疫応答における役割を個体レベルで明らかにすると共に、その理解に立脚して、移植片拒絶や自己免疫疾患といった免疫難病の新しい治療法、予防法の開発に資する基礎研究を展開することを目的とした。
研究分野
  • 免疫反応一般
  • 生物学的機能
関連発表論文 (1) Handa Y, Suzuki M, Ohya K, Iwai H, Ishijima N, Koleske AJ, Fukui Y, Sasakawa C: Shigella IpgB1 promotes bacterial entry via ELMO-Dock180 machinery. Nature Cell Biol., 2006 in press
(2) Kunisaki Y, Nishikimi A, Tanaka Y, Takii R, Noda M, Inayoshi A, Watanabe K, Sanematsu F, Sasazuki T, Sasaki T, Fukui Y: DOCK2 is a Rac activator that regulates motility and polarity during neutrophil chemotaxis. J. Cell Biol., 174: 647-652, 2006
(3) Shulman Z, Pasvolsky R, Woolf E, Grabovsky V, Feigelson SW, Erez N, Fukui Y, Alon R: DOCK2 regulates chemokine-triggered lateral lymphocyte motility but not transendothelial migration. Blood, 108: 2150-2158, 2006
(4) Kunisaki Y, Tanaka Y, Sanui T, Inayoshi A, Noda M, Nakayama T, Harada M, Taniguchi M, Sasazuki T, Fukui Y: DOCK2 is required in T cell precursors for development of Vα14 natural killar T (NKT) cells. J. Immunol. 176: 4640-4645, 2006
(5) Garcia-Bernal D, Sotillo-Mallo E, Nombela-Arrieta C, Samaniego R, Fukui Y, Stein JV, Teixido J: DOCK2 is required for chemokine-promoted human T lymphocyte adhesion under shear stress mediated by the integrin α4β1 J. Immunol., 177: 5215-5225, 2006
(6) Jiang H, Pan F, Erickson LM, Jang MS, Sanui T, Kunisaki Y, Sasazuki T, Kobayasi M, Fukui Y: Deletion of DOCK2, a regulator of the actin cytoskeleton in lymphocytes, suppresses cardiac allograft rejection. J. Exp. Med., 22: 1121-1130, 2005
(7) Nombela-Arrieta C, Lacalle RA, Montoya MC, Kunisaki Y, Megias D, Marques M, Carrera AC, Manes S, Fukui Y, Martinez-A C, Stein JV: Differential requirements for DOCK2 and phoshoinositide-3-kinase γ during T and B lymphocyte homing. Immunity, 21: 429-441, 2004
(8) Kunisaki Y, Masuko S, Noda M, Inayoshi A, Sanui T, Harada M, Sasazuki T, Fukui Y: Defective fetal liver erythropoiesis and T-lymphopoiesis in mice lacking phosphatidylserine receptor. Blood, 103: 3362-3364, 2004
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生体と制御研究領域
研究報告資料
  • 福井 宣規. 免疫系細胞高次機能を司るCDMファミリー分子DOCK2. 「生体と制御」研究領域 第三回研究報告会感染症と免疫疾患の発病メカニズムの解明へ新しいアプローチ 要旨集, 2007. p.10 - 12.

PAGE TOP