TOP > 研究報告検索 > 加齢に伴う学習・記憶低下の遺伝子プログラム

加齢に伴う学習・記憶低下の遺伝子プログラム

研究報告コード R070000105
整理番号 R070000105
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 齊藤 実
研究者所属機関
  • 東京都神経科学総合研究所
研究機関
  • 東京都神経科学総合研究所
報告名称 加齢に伴う学習・記憶低下の遺伝子プログラム
報告概要 遺伝学的手法が発達し、哺乳類と共通の学習記憶の分子メカニズムを持つショウジョウバエは、その寿命が約1ヶ月と哺乳類と比べて極めて短い。こうしたショウジョウバエの持つ利点を生かすことで、これまで殆ど解明されていなかった「加齢性記憶障害の分子メカニズム」や、「老化・寿命と加齢性記憶障害の分子メカニズムの相関」といった新たな研究領域を拓くことを目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000105_01SUM.gif R070000105_02SUM.gif R070000105_03SUM.gif
研究分野
  • 中枢神経系
  • 神経の基礎医学
関連発表論文 (1) Saitoe M, Tamura T, Ito N, Horiuchi J (2004). Drosophila as a novel animal model for studying the genetics of age-related memory impairment. Rev Neurosci (in press)
(2) Horiuchi J, Tamura T, Ito N, Saitoe M (2004). Can flies shed light on our own age-related memory impairment? Ageing Res Rev (in press).
(3) Saitoe M, Tamura T, Horiuchi J, Ito N (2004). Identification of the memory component that decays with age in Drosophila. Jpn J Neuropsychopharmacol 24, 231-237.
(4) Tamura T, Chang AS, Ito N, Liu HP, Horiuchi J, Tully T, Saitoe M. (2003) Aging specifically impairs amnesiac-dependent memory in Drosophila. Neuron 40, 1003-1011.
(5) Saitoe M, Schwarz TL, Umbach JA, Gundersen CB, Kidokoro Y. (2001). Absence of junctional glutamate receptor clusters in Drosophila mutants lacking spontaneous transmitter release. Science 293, 514-517
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/タイムシグナルと制御研究領域
研究報告資料
  • 齊藤 実. 加齢に伴う学習・記憶低下の遺伝子プログラム. 2004年度 “タイムシグナルと制御”研究領域 報告会 要旨集 生命と時間 -新しい生命原理を求めて-, 2004. p.43 - 46.

PAGE TOP