TOP > 研究報告検索 > 音楽から探ることばの起源

音楽から探ることばの起源

研究報告コード R070000113
整理番号 R070000113
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 岡ノ谷 一夫
研究者所属機関
  • 千葉大学文学部
研究機関
  • 千葉大学文学部
報告名称 音楽から探ることばの起源
報告概要 連続した音声を分節にわける能力は、言語を獲得する際にもっとも重要な能力のひとつである。分節化できなければ発話を単語にわけることができず、単語も文法も理解できないであろう。同様に、分節化の能力は音楽の鑑賞にも不可欠である。メロディーの切れ目がわからなければ、音楽はつまらない雑音になってしまうであろう。したがって、音声分節化は言語と音楽の共通基盤となる能力である。音声を学習によって獲得する数少ない動物種として小鳥がある。ジュウシマツなどの小鳥は、求愛のための歌を学習するが、歌は多くの要素からなる時系列で、複数の要素が分節をなしている。したがって、小鳥が歌をどのように分節化して学習するのか、その脳機構を深く理解し、ヒトが分節化を行う現象と対応づけをすることにより、音声分節化のしくみを理解できると考えた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000113_01SUM.gif R070000113_02SUM.gif R070000113_03SUM.gif R070000113_04SUM.gif R070000113_05SUM.gif R070000113_06SUM.gif
研究分野
  • 情報加工一般
関連発表論文 (1) 岡ノ谷一夫(2003).小鳥の歌からヒトの言葉へ.岩波科学ライブラリー92,岩波書店.
(2) Abla, D., Katahira, K. & Okanoya, K. On going segmentation of continuous auditory stream: evoked brain potentials correlate with the degree of learning. Submitted for publication.
(3) Katahira, K., Abla, D. & Okanoya, K. Neural processing of intended sound and auditory feedback during musical performance. Submitted for publication.
(4) Okanoya, K. (2004). Functional and structural pre-adaptations to language: Insight from comparative cognitive science in to the study of language origin. Japanese Psychological Research, 46, 207-215.
(5) Tokimoto, N. & Okanoya, K. (2004). Spontaneous construction of "chinese boxes" by Degus (Octodon degu): A rudiment of recursive intelligence? Japanese Psychological Research, 46, 255-261.
(6) Okanoya, K. (2004). Song syntax in Bengalese finches: proximate and ultimate analyses. Advances in the Study of Behaviour, 34, 297-346. (7) Okanoya, K. (2004). Bengalese finches: A window to the neurobiology of birdsong syntax. Annals of the New York Academy of Sciences, 1016, 724-735
(8) Nakamura, K.Z. & Okanoya, K. (2004). Neural correlates of song complexity in Bengalese finch high vocal center. NeuroReport, 15, 1359-1363.
(9) Kobayasi, K. I & Okanoya, K. (2003). Sex differences in amplitude regulation of distance calls in Bengalese finches, Lonchura striata var. domestica. Anim. Biol., 53, 173-182.
(10) 小林耕太,奥村哲,谷淳,岡ノ谷一夫(2003).鳥の歌学習の脳内機構,神経進歩,47,653-666.
(11) Kobayasi, K.I. & Okanoya, K. (2003). Context-dependent song amplitude control in Bengalese finches. NeuroReport, 14, 521-524.
(12) Yamada, H. & Okanoya, K. (2003). Song syntax changes in Bengalese finches singing in a helium atmosphere. NeuroReport, 14, 1725-1729.
(13) 岡ノ谷一夫(2003).身体的「知」の進化と言語的「知」の創発,(認知科学テュートリアル第4回)人工知能学会誌,18,392-398.
(14) Hihara, S., Yamada, H., Iriki, A. & Okanoya, K. (2003). Spontenous vocal differentiaion of coo-calls for tools and food in Japanese monkeys. Neurosci. Res., 45, 383-389.
(15) Yodogawa, Y., Nishiumi, I., Saito, D. & Okanoya, K. (2003). Characterization of eight polymorphic microsatellite loci from the Bengalese finch (Lonchura striata var. domestica). Molec. Ecol. Notes., 3, 183-185.
(16) Ikebuchi, M. Futamatsu, M. & Okanoya, K. (2003) Sex differences in song perception in Bengalese finches as measured by caridac response. Anim. Behav., 65, 123-130.
(17) Okanoya, K. (2002) Sexual display as a syntactical vehicle: A sexual selection origin of birdsong and human language. In: A Wray (ed.). Transition to Language, pp 46-63, Oxford: Oxford University Press.
(18) 片平健太郎、Dilshat Abla、岡ノ谷一夫(2002)楽器演奏時における聴覚フィードバックを用いたエラー制御-事象関連電位による検討-.日本音響学会聴覚研究会資料、32,247-252.
(19) 森坂匡通、岡ノ谷一夫(2002)ジュウシマツのメスは複雑な歌を好むか?-行動学的指標を用いた研究.日本音響学会聴覚研究会資料、32,253-258.
(20) 小林耕太、岡ノ谷一夫(2002)周波数に依存する鳥類大脳基底核の反応変化:歌の維持に関わる機能.日本音響学会聴覚研究会資料、32,259-264.
(21) Hihara, S., Yamada, H., Okanoya, K. & Iriki, A. Spontaneous vocal "naming" of tools and food by Japanese monkeys. 4th Annual Conference of Japanese Society for Language Sciences.
(22) Okanoya, K. & Yamada, H. Sexual display as a syntactical vehicle: convergence of complex vocal behavior in finches, whales, and humans. 4th Annual Conference of Japanese Society for Language Sciences.
(23) 中村、岡ノ谷、聴覚経験がジュウシマツ雌の聴覚神経系に与える影響、第25回日本神経科学大会プログラム・抄録集。
(24) 小林、岡ノ谷、鳴禽類の歌制御系を対象とした大脳基底核-皮質ループにおける誤差信号の検出、第25回日本神経科学大会プログラム・抄録集。
(25) Dilshat, A.,片平、岡ノ谷、連続音声の分節化に伴う事象関連電位、第25回日本神経科学大会プログラム・抄録集。
(26) 岡ノ谷、鳥の歌知覚における種差と性差、第62回日本動物心理学会
(27) 中村、岡ノ谷、ジュウシマツにおける歌直接制御神経核の聴覚反応特性とその階層性、第62回日本動物心理学会
(28) 小林、大竹、岡ノ谷、ハダカデバネズミの音声レパートリーと生息環境における音響特性、第62回日本動物心理学会
(29) 高橋、池渕、山田、岡ノ谷、学習を規定する生得的基盤:ジュウシマツの里子実験による研究、第62回日本動物心理学会
(30) 菅、岡ノ谷、ジュウシマツにおけるさえずりまたは歌の聴覚的分節化の検討、第62回日本動物心理学会
(31) 関、岡ノ谷、ジュウシマツの視聴覚複合刺激弁別における性差、第62回日本動物心理学会
(32) 時本、岡ノ谷、齧歯目デグーにおける発声の自発的制御、第62回日本動物心理学会
(33) 日原、入来、山田、岡ノ谷、道具訓練ニホンザルにおける発生の自発的分化、第21回日本動物行動学会
(34) 関、岡ノ谷、ジュウシマツの視聴覚複合刺激弁別における性差、第21回日本動物行動学会
(35) 中村、岡ノ谷、ジュウシマツの歌の要素音は脳内でどのように符号化されているのか?第21回日本動物行動学会
(36) 田村、池渕、岡ノ谷、キンカチョウの求愛歌とメスの"あいづち"、第21回日本動物行動学会
(37) 高橋、池渕、山田、岡ノ谷、歌学習を規定する生得的基盤:ジュウシマツ家禽種と野生種間の里子実験、第21回日本動物行動学会
(38) 菅、岡ノ谷、ジュウシマツの歌の分節構造は知覚単位と一致する、第21回日本動物行動学会
(39) 小林、岡ノ谷、ジュウシマツは歌の維持をどのように行っているか?第21回日本動物行動学会
(40) 時本、岡ノ谷、デグー(齧歯目)の情動的・自発的発声制御、第21回日本動物行動学会
(41) 吉田、山田、岡ノ谷、ハダカデバネズミ糞中ステロイドホルモンの抽出、第21回日本動物行動学会
(42) 山田、山口、岡ノ谷、小笠原海域におけるザトウクジラの歌の個体差、第21回日本動物行動学会
(43) 岡ノ谷、認知プロセスにおける表象の創出と統合(討論)、第21回日本基礎心理学会
(44) Takahashi, M. Ikebuchi, M. Yamada, H. & Okanoya, K. Syntactical Development of Mating Songs in Bengalese finches. IUBS-TAIB Symposium on Biology of Learning.
(45) Okanoya, K. Hihara, S. Tokimoto, N. Tobari, Y. & Iriki, A. Complex vocal behavior and cortical-medullar projection. 1st International Workshop on Emergence and Evolution of Linguistics.
(46) 岡ノ谷、加藤、高橋、戸張、鳥の歌文法を司る遺伝子群の探索、2004年度特定「ゲノム」4領域合同班会議
(47) 時本、岡ノ谷、齧歯目デグーの音声レパートリー-音響特性および発声文脈を用いた分類-、2004年日本音響学会聴覚研究会
(48) Abla, D. Okanoya, K. Neuro-behavioral correlates of on-going sequence learning, 34th Annual Meeting of Society for Neuroscience.
(49) Okanoya, K. Hihara, S. Tokimoto, N. Tobari, Y. Iriki, A. Complex vocal behavior and cortical-medullar projection Evolution of Language V.
(50) 岡ノ谷、高橋、工藤、小鳥の歌とヒト発声のチャンキング、第15回発達心理学会
(51) 相馬、高橋、岩見、長谷川、岡ノ谷、ジュウシマツにおける性的二型、第23回日本動物行動学会
(52) 吉田、小林、岡ノ谷、ハダカデバネズミの接触声は文脈に応じて変化する、第23回日本動物行動学会
(53) 高橋、池渕、山田、岡ノ谷、ジュウシマツの里子となったコシジロキンパラに"里帰り"が与える影響、第23回日本動物行動学会
(54) 関、岡ノ谷、歌鳥の社会行動誘発中枢における視覚応答の欠如、第27回日本神経科学会・第47回日本神経化学会合同大会
(55) Okumura, T. Okanoya, K. & Tani, J. Input output connections and neural activities in the HVC of Bengalese finches、第27回日本神経科学会・第47回日本神経化学会合同大会
(56) 戸張、奥村、谷、岡ノ谷、ジュウシマツの大脳歌産生システムの雌雄差、第27同日鱒_経科学会・第47回日本神経化学会合同大会
(57) Abla, D. Okanoya, K. On-going sequence learning: evidence from event-related potentials study、第27回日本神経科学会・第47回日本神経化学会合同大会
(58) 関、岡ノ谷、歌鳥の社会行動誘発中枢における視覚応答の欠如、第81回日本生理学会:若手の会チューデントサイエンティストプログラム
(59) 加藤、岡ノ谷、ジュウシマツの高次発声中枢における自己歌と逆再生歌の反応差、第81回日本生理学会:若手の会チューデントサイエンティストプログラム
(60) Okumura, T. Okanoya, K. Tani, J. Neural mechanism of complex bird song in Bengalese finches; Input-output connections and neural activities in the HVC、第81回日本生理学会プログラム・抄録集
(61) 増田、片平、Abra、岡ノ谷、音楽熟練者における聴覚表象の形成、第9回認知神経科学会抄録集
(62) Takahshi, M, Ikebuchi, M. Yamada, H. & Okanoya, K. Temporal domain dynamics of the song development in Bengalese finches. 7th International Congress of Neuroethology.
(63) Katahira, K. Abla, D. Masuda, S. & Okanoya, K. Auditory Feedback and Mental Representation of Musical Notes in Fluent Piano Players. 7th International Congress of Neuroethology.
(64) Tobari, Y. & Okanoya, K. Sex Differences in Song Control Circuitry in Bengalese Finches. 7th International Congress of Neuroethology.
(65) 加藤、岡ノ谷、ジュウシマツの高次発声中枢における自己歌と逆再生歌の反応差、第64会日本動物心理学会
(66) 時木、岡ノ谷、齧歯目デグー(Octodon degu)の音声コミュニケーションレパートリー-音響特性および発声文脈を用いた分類-、第64回日本動物心理学会
(67) 田村、池渕、岡ノ谷、キンカチョウの求愛時の発声相互作用、第64回日本動物心理学会
(68) 関、小林、岡ノ谷、ジュウシマツの視覚弁別学習における歌制御系神経核破壊の影響、第64回日本動物心理学会
(69) 高橋、池渕、山田、岡ノ谷、ジュウシマツの歌発達過程における時間パラメータの変化、第64回日本動物心理学会
(70) Takahashi, M. Ikebuchi, M. Yamada, H. & Okanoya, K. Innate constraints of song learnability International Conference on Bird and Environment.
(71) Okanoya, K. Neuroecology of song complexity in Bengalese finches. International Conference on Bird and Environment.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/強調と制御
研究報告資料
  • 岡ノ谷 一夫. 音楽から探ることばの起源. さきがけライブ2004 「強調と制御」領域 研究報告会講演要旨集 インタラクションとコミュニケーション ~主観の客観科学を目指して~ (研究期間2001-2004), 2005. p.2 - 10.

PAGE TOP