TOP > 研究報告検索 > 考える脳、動かす脳、感じる脳

考える脳、動かす脳、感じる脳

研究報告コード R070000117
整理番号 R070000117
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 本田 学
研究者所属機関
  • 自然科学研究機構生理学研究所
研究機関
  • 自然科学研究機構生理学研究所
報告名称 考える脳、動かす脳、感じる脳
報告概要 人間において高度に発達した思考過程は、抽象化した情報を自由に操作することを可能にし、科学技術の発展を通して高度な文明社会を築いてきた。一方で、環境からの制約を失った思考過程が暴走すると、脳内世界が歪み、現実環境との間に深刻な不調和をおこすような事態も生じている。自由度の高い思考過程が、どのようにして環境との調和を保つようにコントロールされているかを解明することは、モノとココロを結ぶ脳の仕組みについての理解を深め、現代社会で深刻な問題となっているココロの荒廃に対する生理学的なアプローチの道を拓く上で少なからぬ貢献を果たすことが期待される。近年ヒトを対象とした非侵襲脳機能測定、ヒト以外の霊長類を対象とした詳細な神経解剖生理学的検討ならびに計算論的神経科学が長足の進歩を遂げ、これまで運動制御装置と考えられてきた脳領域の機能が運動制御にとどまらず広く知的活動に関与することが示されつつある。デカルトの物心二元論以来、これまでの脳科学では暗黙のうちに2つの対立する機能として扱われることが多かった「モノ」を制御する運動と「ココロ」を制御する思考とは、多くの神経機構と作動原理を共有する情報処理過程である可能性が否定できない。現実世界を「動かす脳」と頭の中で「考える脳」とが協調して働くメカニズムを探る中で、思考と現実世界を結ぶメカニズムが見えてくる可能性がある。また多数の行動選択肢の中から、環境にあった最適な運動と思考がいかに選択されるのかを考えるとき、「快さ」や「美しさ」といった感性の関与を想定する必要がある。環境から与えられる情報は「感じる脳」によって処理され、接近行動や逃避行動を誘発すると考えられるが、思考や行動が本人の自覚しないうちに特定の方向へと導かれてしまうような場合には、意識で捉えることのできない環境情報を「感じる脳」が「考える脳」や「動かす脳」をより高い次元からコントロールするメカニズムを考える必要がある。本研究では、「考える脳と動かす脳の共通性」および「環境を感じる脳による行動制御」を切り口として、思考が環境との間で協調的・調和的に制御される脳内メカニズムにアプローチすることを目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000117_01SUM.gif R070000117_02SUM.gif R070000117_03SUM.gif R070000117_04SUM.gif R070000117_05SUM.gif R070000117_06SUM.gif R070000117_07SUM.gif
研究分野
  • 中枢神経系
関連発表論文 (1) Hanakawa T, Honda M, Sawamoto N, Okada T, Yonekura Y, Fukuyama H, Shibasaki H (2002) The Role of Rostral Brodmann Area 6 in Mental-operation Tasks: an Integrative Neuroimaging Approach. Cereb Cortex 12:1157-1170.
(2) Oohashi T, Kawai N, Honda M, Nakamura S, Morimoto M, Nishina E, Maekawa T (2002) Electroencephalographic measurement of possession trance in the field. Clin Neurophysiol, 113:435-445.
(3) Sawamoto N, Honda M, Hanakawa T, Fukuyama H, Shibasaki H (2002) Cognitive slowing in Parkinson's disease: a behavioral evaluation independent of motor slowing. J Neurosci 22:5198-5203.
(4) Tanaka S, Michimata C, Kaminaga T, Honda M, Sadato N (2002) Superior digit memory of abacus experts: an event-related functional MRI study. Neuroreport 13:2187-2191.
(5) Hanakawa T, Honda M, Okada T, Fukuyama H, Shibasaki H (2003) Neural correlates underlying mental calculation in abacus experts: functional magnetic resonance imaging study. Neuroimage 19:296-307.
(6) Hanakawa T, Honda M, Okada T, Fukuyama H, Shibasaki H (2003) Differential activity in the premotor cortex subdivisions during mental calculation and verbal rehearsal tasks: a functional MRI study. Neuroscience Letters, 347:199-201.
(7) Yagi R, Nishina E, Honda M, Oohashi T (2003) Modulatory effect of inaudible high-frequency sounds on human acoustic perception. Neuroscience Letters, 351:191-195.
(8) Hanakawa T, Honda M, Hallett M (2005) Amodal imagery in rostral premotor areas. Behavioral and Brain Sciences, In press.
(9) Tanaka S, Honda M, Sadato N (2005) Modality-Specific Cognitive Function of Medial and Lateral Human Brodmann Area 6. J Neurosci, In press.
(10) Kato H, Honda M. Nonlinear time series modeling for corticomuscular functional coupling. 8th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain, Sendai, Japan (Jun, 2002).
(11) Oohashi T, Kawai N, Honda M, Nakamura S, Morimoto M, Nishina E, Maekawa T. Electroencephalographic measurement of possession trance in the field. 8th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain, Sendai, Japan (Jun, 2002).
(12) Tanaka S, Michimata C, Kaminaga T, Honda M, Sadato N. Superior digit memory of abacus experts: An event-related functional MRI study. 8th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain, Sendai, Japan (Jun, 2002).
(13) Yagi R, Nishina E, Kawai N, Honda M, Maekawa T, Nakamura S, Morimoto M, Sanada K, Toyoshima M, Oohashi T. Auditory Display for Deep Brain Activation: Hypersonic Effect. The 8th International Conference on Auditory Display, Kyoto, Japan (Jul, 2002).
(14) 田中悟志、道又爾、神長達郎、本田学、定藤規弘:そろばん熟練者の優れた数字記憶に関わる神経基盤.第25回日本神経科学大会、東京(2002年7月)
(15) Kawai N, Honda M, Nakamura S, Samatra P, Nakatani Y, Oohashi T. Neurobiological study on possession trances. XII World Congress of Psychiatry, Yokohama, Japan (Aug, 2002).
(16) Honda M, Hanakawa T, Sawamoto N, Differential activation of rostral part of premotor cortex in mental operation. Society for Neuroscience 32th Annual Meeting, Orland, USA (Nov, 2002).
(17) 八木玲子、仁科エミ、河合徳枝、本田 学、中村 聡、森本雅子、大橋 力:ハイパーソニック・サウンドの呈示条件が音の受容行動に及ぼす影響-ハイパーリアル・エフェクトの研究(I)-.日本音響学会2003年春季研究発表会公演論文集 pp. 721-722、東京(2003年3月)
(18) 仁科エミ、河合徳枝、中村 聡、本田 学、八木玲子、森本雅子、前川督雄、大橋 力:生理活性物質を指標とするハイパーソニック・エフェクトの検討-ハイパーリアル・エフェクトの研究(III)-.日本音響学会2003年春季研究発表会公演論文集 pp.725-726、東京(2003年3月)
(19) 本田 学、中村 聡、八木玲子、仁科エミ、森本雅子、河合徳枝、大橋 力:ポジトロン断層画像法によるハイパーソニック・エフェクト神経生理学的検討 -ハイパーリアル・エフェクトの研究(IV)-.日本音響学会2003年春季研究発表会公演論文集 pp.727-728、東京(2003年3月)
(20) 森本雅子、仁科エミ、八木玲子、本田 学、中村 聡、河合徳枝、前川督雄、大橋 力:最大エントロピースペクトルアレイ法による生物学的音楽概念の検討-ハイパーリアル・エフェクトの研究(V)-.日本音響学会2003年春季研究発表会公演論文集 pp.841-842、東京(2003年3月)
(21) 大橋 力、河合徳枝、本田 学、中村 聡、仁科エミ、八木玲子、森本雅子、前川督雄:ハイパーソニック・エフェクトの生理学.AES Tokyo Convention 2003、東京(2003年7月)
(22) 本田 学、花川 隆:心内表象操作における吻側運動前野の反応特異性.第26回神経科学大会、名古屋(2003年7月)
(23) Tanaka S, Honda M, Sadato N. Repetitive transcranial magnetic stimulation of the pre-supplementary motor area differentially affects performance of verbal and spatial mental-operation tasks. Society for Neuroscience 33rd Annual Meeting, New Orleans, USA (Nov, 2003).
(24) Sawamoto N, Honda M, Hanakawa T, Fukuyama H, Shibasaki H. Cognitive slowing associated with striatal hypofunctioning in Parkinson's disease. The 31st National Institute for Physiological Sciences International Symposium, Okazaki, Japan (Mar, 2004).
(25) Tanaka S, Honda M, Sadato N. Functional specificity of the rostral part of brodmann area 6 in verbal and spatial mental-operation tasks: a repetitive transcranial magnetic stimulation study. The 31st National Institute for Physiological Sciences International Symposium, Okazaki, Japan (Mar, 2004).
(26) Morimoto M, Nishina E, Yagi R, Kawai N, Nakamura S, Honda M, Maekawa T, Oohashi T. Transcultural study on frequency and fluctuation structure of singing voices. Proceedings of The 18th International Congress on Acoustics, 55-58, Kyoto, Japan (Apr, 2004).
(27) Nakamura S, Morimoto M, Nishina E, Yagi R, Kawai N, Honda M, Maekawa T, Oohashi T. Frequency and fluctuation structure of various environmental sounds. Proceedings of The 18th International Congress on Acoustics, 3459-3460, Kyoto, Japan (Apr, 2004).
(28) Nishina E, Morimoto M, Yagi R, Kawai N, Nakamura S, Honda M, Maekawa T, Oohashi T. Structural analysis of musical instrumental sounds based on the biological concept of music. Proceedings of The 18th International Congress on Acoustics, 493-494, Kyoto, Japan (Apr, 2004).
(29) Honda M, Nakamura S, Yagi R, Morimoto M, Maekawa T, Nishina E, Kawai N, Oohashi T. Functional neuronal network subserving the hypersonic effect. 10th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, NeuroImage 22(S1) TU242, Budapest, Hungary (Jun, 2004).
(30) Tanaka S, Honda M, Sadato N. Functional specificity of the rostral part of Brodmann area 6 in verbal and spatial mental-operation: a low-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation study. 10th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping, NeuroImage 22(S1) TH157, Budapest, Hungary (Jun, 2004).
(31) 本田 学:高次行動の機能要素と脳部位連関、第81回日本生理学会大会、札幌(2004年6月)
(32) Tanaka S, Honda M, Sadato N. Domain specific working memory process of non-primary motor cortex: a combined fMRI and rTMS study. Second International Conference for Working Memory, Kyoto, Japan (Aug, 2004).
(33) Nakamura S, Honda M, Morimoto M, Yagi R, Nishina E, Kawai N, Maekawa T, Oohashi T. Electroencephalographic evaluation of the hypersonic effect. Society for Neuroscience 34th Annual Meeting, San Diego, USA (Oct, 2004).
(34) 本田 学:後頭部優位律動脳波の神経基盤~脳血流画像による検討~、第34回日本臨床神経生理学会学術大会、東京(2004年11月)
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/強調と制御
研究報告資料
  • 本田 学. 考える脳、動かす脳、感じる脳. さきがけライブ2004 「強調と制御」領域 研究報告会講演要旨集 インタラクションとコミュニケーション ~主観の客観科学を目指して~ (研究期間2001-2004), 2005. p.40 - 48.

PAGE TOP