TOP > 研究報告検索 > 無機ナノ粒子・有機・細胞三元複合体による生体活性材料の開発

無機ナノ粒子・有機・細胞三元複合体による生体活性材料の開発

研究報告コード R070000141
整理番号 R070000141
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 古薗 勉
研究者所属機関
  • 国立循環器病センター研究所
研究機関
  • 国立循環器病センター研究所
報告名称 無機ナノ粒子・有機・細胞三元複合体による生体活性材料の開発
報告概要 ハイドロキシアパタイト(HAp)は、骨や歯のような硬組織だけではなく、軟組織に対しても高い親和性があることが知られてきた。この特性を用いて体外から体内へと貫通する経皮デバイスの細菌感染防止具として応用されたが、セラミックスが有する硬い脆いという性質から、臨床で有効ではなかった。これらの経緯から、真に長期に生体と接着し外部からの細菌感染を防止する経皮デバイスが強く望まれている。本研究では基材となる高分子の機械的特性を保持したまま、HApセラミックスの生体活性を発現し、さらに再生医療技術を導入した新しい材料・デバイスの開発を目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000141_01SUM.gif
研究分野
  • 細胞・組織培養法
関連発表論文 (1) T. Furuzono, J. Tanaka, A. Kishida, Nano-scaled hydroxyapatite/polymer composite I. Coating of sintered hydroxyapatite particles on poly(γ-methacryloxypropyl trimethoxysilane)-grafted silk fibrlin fibers through chemical bonding. J. Mater. Sci. Med., 15, 19-23 (2004).
(2) A. Korematsu, T. Furuzono, S. Yasuda, J. Tanaka, A. Kishida, Nano-scaled hydroxyapatite/polymer composite II. Coating of sintered hydroxyapatite particles on poly(2-(o-[1'-methylpropylideneamino] carboxyamino) ethyl methacrylate)-grafted silk fibroin fibers through covalent linkage, J. Mater. Sci., 39, 3221-3225 (2004).
(3) A. Korematsu, T. Furuzono, S. Yasuda, J. Tanaka, A. Kishida, Nano-scaled hydroxyapatite/polymer composite III. Coating of sintered hydroxyapatite particles on poly(2-(4-methacryloyloxyethyl trimellitate anhydride)-grafted silk fibroin fibers, J. Mater. Sci. Med, 15, 1-5(2004).
(4) T. Furuzono, S. Yasuda, T. Kimura, S. Kyotani, J. Tanaka, A. Kishida, Nano-scaled hydroxyapatite/polymer composite IV. Fabrication and cell adhesion of a 3D scaffold made of composite material with silk fibroin substrate to develop a percutaneous device, J. Artif. Organs, 7, 137-144 (2004).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/ナノと物性
研究報告資料
  • 古薗 勉. 無機ナノ粒子・有機・細胞三元複合体による生体活性材料の開発. さきがけライブ2004 ナノテクノロジー分野4領域合同研究報告会 ~ナノテクをさきがける~ 「ナノと物性」領域 講演要旨集(研究期間2001-2004), 2005. p.20 - 21.

PAGE TOP