TOP > 研究報告検索 > 近接場光相互作用ではじまる光システムの新展開

近接場光相互作用ではじまる光システムの新展開

研究報告コード R070000160
整理番号 R070000160
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 成瀬 誠
  • 成瀬 誠
研究者所属機関
  • 独立行政法人情報通信研究機構
  • 東京大学大学院工学系研究科
研究機関
  • 独立行政法人情報通信研究機構
  • 東京大学大学院工学系研究科
報告名称 近接場光相互作用ではじまる光システムの新展開
報告概要 波長以下のナノスケールで展開されるナノフォトニクスは、微細加工技術に代表される近年の実現技術の高度化とも結びつき、とりわけ光の回折限界打破のキーテクノロジーとして実用的意義が高まっているが、システムから見たナノフォトニクスには、回折限界を超えた集積性の高さに加えて、注目すべき様々な特徴が存在し、従来の光システムの基本原理や設計思想を根底から考え直す必要に迫られていると考えられる。本発表では、近接場光相互作用による光励起移動や、階層性を切り口に、近接場光相互作用に基づく情報処理やシステムの実現技術の一部を概説するとともに、従来の光技術や電子技術との差異を踏まえつつ、近接場光相互作用ではじまる光システムの新展開を議論する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000160_01SUM.gif R070000160_02SUM.gif
研究分野
  • 電子・磁気・光学記録
関連発表論文 (1) 大津元一,小林潔:ナノフォトニクスの基礎(オーム社,東京2006)
(2) M. Naruse, T. Kawazoe, S. Sangu, K. Kobayashi, and M. Ohtsu, Opt. Exp. 14, 306 (2006)
(3) http://www.cryptography.com/resources/whitepapers/DPATechInfo.pdf など
(4) M. Naruse, T. Yatsui, W. Nomura, N. Hirose, and M. Ohtsu, Opt. Exp. 13, 9265 (2005)
(5) 堀裕和,井上哲也:ナノスケールの光学(オーム社,東京2006)
(6) M. Naruse, T. Yatsui, T. Kawazoe, Y. Akao, and M. Ohtsu,“Nanophotonic traceable memory based on energy localization and hierarchy of optical near-fields,” 2006 Sixth IEEE Conference on Nanotechnology (IEEE NANO 2006)
(7) 「ナノフォトニクスを核とした人材育成,産学連携等の総合的展開」(NEDO特別講座)http://uuu.t.u-tokyo.ac.jp/
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/情報基盤と利用環境
研究報告資料
  • 成瀬 誠. 近接場光相互作用ではじまる光システムの新展開. さきがけ研究 研究報告会 「情報基盤と利用環境」領域 第3期研究者(研究期間2003-2006) 講演要旨集, 2006. p.47 - 49.

PAGE TOP