TOP > 研究報告検索 > ナノ粒子とナノワイヤ: フランクアタック粒子サイズ選別法の提案

ナノ粒子とナノワイヤ: フランクアタック粒子サイズ選別法の提案

研究報告コード R990004050
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 呉 海萍
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 ナノ粒子とナノワイヤ: フランクアタック粒子サイズ選別法の提案
報告概要 サイズの揃ったナノ粒子の生成・サイズ制御・捕集法を確立し,シリコンナノ粒子の発光についてサイズ効果や表面効果を調べた。ヘリウムガス中レーザーアブレーション方によって直径が1~10数ナノのシリコンナノ粒子を生成し,クラスタービームとして真空中に引き出した。アルゴン分子ビームをクラスタービームに直交させるフランクアタック法によって,大きいクラスターだけをクラスタービームの下流に設置した基板上に捕獲した。小さいクラスターはアルゴン原子の衝突により吹き飛ばされた。また,フランクアタック法によってサイズ分布を持つシリコンナノ粒子の薄膜を作った。薄膜を大気中に暴露した後,レーザー光励起すると、強い赤い発光が観察され,発光のピークはサイズ選別された粒子サイズによって変化した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990004050_01SUM.gif R990004050_02SUM.gif
研究分野
  • 電子ビーム・イオンビームの応用
  • 顕微鏡法
  • 半導体の表面構造
  • 発光素子
関連発表論文 (1)Wu, H.-P.; Nishimura, K; Kebaili, N.; Takayanagi K.; J. Appl. Phys., submitted.
(2)Wu, H.-P.; Okano, A.; Takayanagi K.; Appl. Phys. A, accepted.
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、高柳粒子表面プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 呉海萍. ナノ粒子とナノワイヤ フランクアタック粒子サイズ選別法 新しい選別法の提案. 創造科学技術推進事業 高柳粒子表面プロジェクト シンポジウム概要集(研究期間:1994-1999),1999. p.67 - 68.

PAGE TOP