TOP > 研究報告検索 > 睡眠時呼吸障害と痴呆との関係解明

睡眠時呼吸障害と痴呆との関係解明

研究報告コード R070000166
整理番号 R070000166
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 角谷 寛
研究者所属機関
報告名称 睡眠時呼吸障害と痴呆との関係解明
報告概要 人間は人生の約1/3の時間を睡眠で過ごす。また、目覚めて活動すべき時間帯において、睡眠障害のために生ずる注意力の低下やいねむりは、交通事故や労働事故などの大きな社会的損失を起こしていると考えられている。米国において、睡眠の問題に起因する経済損失は、年間で300億ドル以上に及ぶと推計されている。日本は、米国よりも睡眠不足がより深刻な状態にあり、睡眠障害は潜在的に多大な損害をもたらしていると考えられる。また、睡眠障害はQOL(Quality of Life)の面からも問題であることが認識されつつある。このように、睡眠は人間にとって重要な生理機能であるだけでなく、その障害は社会的・個人的にも重要な問題である。睡眠はシステムとしてコントロールされているため、その調節機構を理解するためには、多角的・総合的に睡眠の及ぼす影響を解析する必要がある。哺乳類の睡眠は基本的に同じ構造をしているため、マウスの睡眠はヒト睡眠の良いモデルと考えられる。また、マウスは遺伝子発現の変化等の解析に適する。一方、自覚的症状を含めた細かい表現型の解析にはヒトを対象とする必要がある。そこで、最も頻度の高い睡眠障害である睡眠呼吸障害(眠気・いびき等の症状を伴えば睡眠時無呼吸症候群)のマウスモデルを作成するとともに、ヒトを対象とした多角的・総合的な睡眠と健康の疫学調査を開始した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000166_01SUM.gif R070000166_02SUM.gif
研究分野
  • 神経の基礎医学
  • 神経の臨床医学一般
関連発表論文 (1) Hamada, H., Taniguchi, M., Ohi, M., Nakai, N., Okura, M., Wakamura, T., Kadotani, H. and Chin, H.: Acceptance and short-term tolerance of nasal continuous positive airway pressure therapy in elderly patients with obstructive sleep apnea. Sleep and Biological Rhythms 2: 53-56, 2004
(2) Kadotani, H., Taniguchi, M., Takahashi, Y., and Inoue, Y.: Genetic approach to sleep-disordered breathing. Sleep and Biological Rhythms 2: S49, 2004
(3) 角谷寛:睡眠の液性調節機構と遺伝子研究の新展開と展望。呼吸と循環 52:349-353,2004
(4) Kadotani, H., Taniguchi, M., Takahashi, Y. and Inoue, Y.: ApoE ε4 allele Frequency in Japanese Sleep-Disordered Breathing. APSS 17th Annual Meeting Chicago, USA (2003)
(5) Nakai, N., Ohi, M., Harada, Y., Ohkura, M. Taniguchi, M., Okamura, H., Chin, K., Kadotani H. and Wakamura, Y.: An Observational 24 Months Compliance Study of Patients with Sleep Apnea hypopnea syndrome with nCPAP Treatment in Japan. APSS 17th Annual Meeting, Chicago, USA (2003)
(6) Koike, S., Inoue, Y., Kadotani, H., Oka, Y., Yamamoto, K., Matsuda, S., Shibata, M. and Miki, R.: Are Sleep-Related Breathing disorder in hemodialysis Patients Mildest on The Dialysis Days? APSS 18th Annual Meeting, Philadelphia, USA
(7) Minami, I. and Kadotani, H.: Regulation of Sleep-Wake States in Response to intermittent hypercapnic stimuli to mouse Applied Only in Sleep. APSS 18th Annual Meeting, Philadelphia, USA(2004)
(8) Koike, S., Inoue, Y., Kadotani H., Oka, Y., Yamamoto, K. Matsuda, S. Shibata, M. and Miki, R.: Prevalence and Clinical significance of Sleep-related Breathing disorder in End Stage Renal Disease. APSS 18th Annual Meeting, Philadelphia, USA(2004)
(9) Oka, Y., Koike, S. Inoue, Y., Yamamoto, K., Shibata, M., Matsuda, S., Miki, R. and Kadotani, H.: Restless Legs Syndrome and Periodic Limb Movements during Sleep among Hemodialysis Patients. APSS 18th Annual Meeting, Philadelphia, USA(2004)
(10) 南一成,竹川高志,角谷寛:高二酸化炭素・低酸素の自動制御によるマウス睡眠障害システム(睡眠時無呼吸症候群モデルマウス).日本睡眠学会定期学術集会(第29回;東京)
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/情報と細胞機能
研究報告資料
  • 角谷 寛. 睡眠時呼吸障害と痴呆との関係解明. さきがけライブ2004 個人型研究さきがけタイプ 「情報と細胞機能」領域 研究報告会 講演要旨集 第1期研究者(研究期間2001-2004), 2005. p.19 - 22.

PAGE TOP