TOP > 研究報告検索 > ゴルジ体の多様性とその生理学的意義の解明

ゴルジ体の多様性とその生理学的意義の解明

研究報告コード R070000168
整理番号 R070000168
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 後藤 聡
研究者所属機関
報告名称 ゴルジ体の多様性とその生理学的意義の解明
報告概要 細胞外に分泌または細胞膜上に提示される蛋白質のほとんどのものは、何らかの糖修飾を受けることによって正しい機能を発揮するようになる。そのような糖修飾は、蛋白質の種類や修飾位置、細胞の種類や生物種、ひいては個人の違いによって、大きく異なり複雑である。しかし、そういった複雑な糖修飾が、どのようにして制御されているかについては、現在のところほとんどわかっていない。我々は、糖修飾の重要な制御メカニズムのひとつとして、ゴルジ体には様々な種類があること、それぞれ異なる種類のゴルジ体では異なるタイプの糖修飾が行われている可能性を新たに見いだした。本研究では、そのような「ゴルジ体の多様性仮説」を検討し、その生理学的意義の解明を目指した。
研究分野
  • 細胞構成体一般
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/情報と細胞機能
研究報告資料
  • 後藤 聡. ゴルジ体の多様性とその生理学的意義の解明. さきがけライブ2004 個人型研究さきがけタイプ 「情報と細胞機能」領域 研究報告会 講演要旨集 第1期研究者(研究期間2001-2004), 2005. p.29 - 30.

PAGE TOP