TOP > 研究報告検索 > センサー型転写因子とセンサー型RNaseによる生体防御ネットワークの解明

センサー型転写因子とセンサー型RNaseによる生体防御ネットワークの解明

研究報告コード R070000174
整理番号 R070000174
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 吉田 秀郎
研究者所属機関
報告名称 センサー型転写因子とセンサー型RNaseによる生体防御ネットワークの解明
報告概要 分泌蛋白質や膜蛋白質の合成が行われる小胞体では、合成された蛋白質の厳しい品質管理が行われている。合成の途上で異常蛋白質が生じると、小胞体膜上に存在する2つのセンサー分子:膜貫通型転写因子ATF6と膜貫通型RNaseIRE1が活性化され、その結果小胞体シャペロン遺伝子(異常蛋白質の構造を修正する)やERAD関連遺伝子(異常蛋白質の分解を促進する)の発現が誘導されて異常蛋白質が処理される。老化によってこの品質管理機能(小胞体ストレス応答)が低下すると、異常蛋白質が蓄積し、アルツハイマー病やパーキンソン病などの脳神経系疾患を引き起こす。私はこの2つのセンサー分子がいかにして活性化されて小胞体シャペロンやERAD関連遺伝子の転写誘導を行うのか、その分子機構を明らかにすることを目指して研究を開始した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000174_01SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 生体防御と免疫系一般
関連発表論文 (1) Yoshida, H., Matsui, T., Hosokawa, N., Kaufman, R. J., Nagata, K. and Mori, K. : A Time-Dependent Phase Shift in the Mammalian Unfolded Protein response. Dev. Cell. 4: 265-271, 2003
(2) Kumar, R., Krause, G. S., Yoshida, H., Mori, K. and DeGracia, D. J. : Dysfunction of the unfolded protein response during global brain ischemia and reperfusion. J. Cereb. Blood Flow Metab. 23: 462-471 (2003)
(3) Okada, T., Haze, K., Nadanaka, S., Yoshida, H., Seidah, N. G., Hirano, Y., Sato, R., Negishi, M., and Mori, K. : A serine protease inhibitor prevents endoplasmic reticulum stress-induced cleavage but not transport of the membrane-bound transcription factor ATF6. J. Biol. Chem. 278: 31024-31032, 2003
(4) Nadanaka, S., Yoshida, H., Kano, F., Murata, M. and Mori, K. : Activation of mammalian unfolded protein response is compatible with the quality control system operating in the endoplasmic reticulum. Mol. Biol. Cell 15: 2537-2548, 2004.
(5) Nozaki, J., Kubota, H., Yoshida, H., Naitoh, M., Goji, J., Yoshinaga, T., Mori, K., Koizumi, A. and Nagata, K. : The endoplasmic reticulum stress response is stimulated through the continuous activation of transcription factors ATF6 and XBP1 in Ins2+/Akita. Genes Cells 9: 261-270, 2004
(6) Khan, M., M., Nomura, T., Chiba, T., Tanaka, K., Yoshida, H., Mori, K. and Ishii, S. : The fusion oncoprotein PML-RAR induces endoplasmic reticulum-associated degradation of N-CoR and ES stress. J. Biol. Chem. 279: 11814-11824, 2004
(7) Romero-Ramirez, L., Cao, H., Nelson, D., Hammond, E., Lee, A. H., Yoshida, H., Mori, K., Glimcher, L., H., Denko, N., C. and Giaccia, A. : XBP1 is essential for survival under hypoxic conditions and is required for tumor growth Cancer Res. 64: 5943-5947, 2004
(8) Yamamoto, K., Yoshida, H., Kokame, K., Kaufman, R. J. and Mori, K. : Differential contributions of ATF6 and XBP1 in activating endoplasmic reticulum stress-responsive cis-acting elements ERSE, UPRE and ERSE-II. J. Biochem. (in press)
(9) 吉田秀郎、森和俊:Unfolded Protein Responseを制御する遺伝子群。遺伝子医学 第6巻 130-134,2002
(10) 吉田秀郎、森和俊:スプライソーム非依存型mRNAスプライシングの高等動物基質の発見。細胞工学 第2巻 302-303,2002
(11) 森和俊、吉田秀郎:フレームスイッチ型スプライシング─新しいタンパク質の活性制御機構。実験医学 第20巻 1000-1004,2002
(12) 吉田秀郎:小胞体ストレスに対する多段階の防御戦略。蛋白質・核酸・酵素 第48巻 1248-1255,2003
(13) 吉田秀郎:小胞体ストレス応答の分子生物学。生化学 第76巻 617-630,2004
(14) 吉田秀郎、松居利江、山本晃、岡田徹也、森和俊:XBP1 is a UPR-specific transcription factor conserved in metazoan cells.FASEB Conference(2002,USA)
(15) 吉田秀郎:高等動物の小胞体ストレス応答分子機構の解析。2002年度長期派遣研究者研究交歓会(大阪、2002年)
(16) 吉田秀郎、松居利江、細川暢子、永田和宏、森和俊:哺乳動物小胞体ストレス応答に関与するIRE1-XBP1経路の解析。第56回日本細胞生物学会(大津、2003年)
(17) 吉田秀郎:高等動物の小胞体ストレス応答の分子機構。第76回日本生化学会大会(横浜、2003年)
(18) 吉田秀郎:膜貫通型転写因子と膜貫通型RNaseによる転写制御ネットワーク。第6回細胞性粘菌研究会(東京、2004年)
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/情報と細胞機能
研究報告資料
  • 吉田 秀郎. センサー型転写因子とセンサー型RNaseによる生体防御ネットワークの解明. さきがけライブ2004 個人型研究さきがけタイプ 「情報と細胞機能」領域 研究報告会 講演要旨集 第1期研究者(研究期間2001-2004), 2005. p.57 - 60.

PAGE TOP