TOP > 研究報告検索 > Wntシグナルによる神経細胞のネットワーク形成制御

Wntシグナルによる神経細胞のネットワーク形成制御

研究報告コード R070000191
整理番号 R070000191
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 三木 裕明
研究者所属機関
報告名称 Wntシグナルによる神経細胞のネットワーク形成制御
報告概要 Wntシグナルはショウジョウバエの形態形成を制御するシグナル伝達系として発見された。ヒトでも同様のシグナル系が進化的に保存されており、増殖や分化、また形態など様々な細胞機能を制御している。WntシグナルはDishevelledなどの細胞内シグナル伝達因子を経て伝えられるが、中でも最もよく解析されているのがbeta-cateninという蛋白質を安定化して、細胞の増殖制御に関わる標的遺伝子の発現を誘導する経路である。このbeta-catenin安定化シグナル経路の異常な活性化が、ヒトにおける多くのがんの発生原因になっていることも知られており、強い注目を集めてきた。その一方で、Wntシグナルが細胞の形態制御、特に神経細胞の軸索や樹状突起の伸展制御に重要であることも現象論レベルにおいて知られている。しかし、Wnt刺激を受けた神経細胞がそのシグナルに対してどのように応答し、突起伸展を起こしているのかは殆ど未解明の状態に留まっている。本研究では、Wntシグナルから神経細胞の突起伸展に至る未知のシグナル経路の究明を目指し、神経ネットワーク形成におけるその重要性の解明を目指した。
研究分野
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1) Verma, S., Shewan, A. M., Scott, J. A., Helwani, F. M., den Elzen, N. R., Miki, H., Takenawa, T., and Yap, A. S. Arp2/3 activity is necessary for efficient formation of E-cadherin adhesive contacts. J. Biol. Chem. 279, 34062-34070 (2004)
(2) Takenaka, K., Nakagawa, H., Miyamoto, S., and Miki, H. The pre-mRNA splicing factor SF3a66 functions as a microtubule binding and bundling protein. Biochem. J. 382, 223-230 (2004)
(3) Funato, Y., Terabayashi, T., Suenaga, N., Seiki, M., Takenawa, T., and Miki, H. IRSp53/Eps8 complex is important for positive regulation of Rac and cancer cell motility/invasiveness. Cancer Res. 64, 5237-5244 (2004)
(4) Kawamura, K., Takano, K., Suetsugu, S., Kurisu, S., Yamazaki, D., Miki, H., Takenawa, T., and Endo, T. N-WASP and WAVE2 acting downstream of phosphatidylinositol 3-kinase are required for myogenic cell migration induced by hepatocyte growth factor. J. Biol. Chem. 279, 54862-54871 (2004)
(5) Yamaguchi, H., Lorenz, M., Kempiak, S., Sarmiento, C., Coniglio, S., Symons, M., Segall, J., Eddy, R., Miki, H., Takenawa, T., and Condeelis, J. Molecular mechanisms of invadopodium formation: the role of the N-WASP-Arp2/3 complex pathway and cofilin. J. Cell Biol. 168, 441-452 (2005)
(6) Bierne, H., Miki, H., Innocenti, M., Scita, G., Gertler, F. B., Takenawa, T., and Cossart, P. WASP-related proteins, Abi1 and Ena/VASP are required for Listeria invasion induced by the Met receptor. J. Cell Sci. 118, 1537-1547. (2005)
(7) Oda, A., Miki, H., Wada, I., Yamaguchi, H., Yamazaki, D., Suetsugu, S., Nakajima, M., Nakayama, A., Okawa, K., Miyazaki, H., Matsuno, K., Ochs, H. D., Machesky, L. .M, Fujita, H., and Takenawa, T. WAVE/Scars in Platelets. Blood 105, 3141-3148 (2005)
(8) Funato, Y., Michiue, T., Asashima, M., and Miki, H. Nucleoredoxin, a thioredoxin-related redox-regulating protein, inhibits Wnt/b-catenin signaling through Dishevelled. Nat. Cell Biol. 8, 501-508 (2006)
(9) Kise, Y., Takenaka, K., Tezuka, T., Yamamoto, T., and Miki, H. Fused kinase is stabilized by Cdc37/Hsp90 and enhances Gli protein levels. Biochem. Biophys. Res. Commun. (in press)
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/情報と細胞機能
研究報告資料
  • 三木 裕明. Wntシグナルによる神経細胞のネットワーク形成制御. 個人型研究さきがけタイプ 「情報と細胞機能」領域 研究報告会 講演要旨集 第3期研究者(研究期間2003-2006), 2007. p.25 - 26.

PAGE TOP