TOP > 研究報告検索 > タンパク質機能の構造揺らぎの検出と制御

タンパク質機能の構造揺らぎの検出と制御

研究報告コード R070000203
整理番号 R070000203
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 水谷 泰久
研究者所属機関
  • 神戸大学
研究機関
  • 神戸大学
報告名称 タンパク質機能の構造揺らぎの検出と制御
報告概要 高感度の時間分解振動分光システムを製作し、タンパク質機能に関係した構造揺らぎを検出する手法を確立した。揺らぎと反応との速度論的な相関について注目し、タンパク質構造が反応性に及ぼす効果を動的側面から明らかにした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000203_01SUM.gif
研究分野
  • 分子構造
関連発表論文 (1) Uesugi, Y.; Mizutani, Y.; Kitagawa, T. Rev. Sci. Instrum. 1997, 68, 4001-4008.
(2) Mizutani, Y.; Kitagawa, T. J. Phys. Chem. B 2001, 105, 10992-10999.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/たんぱく質関連領域
研究報告資料
  • 水谷 泰久. タンパク質機能の構造揺らぎの検出と制御. 2004年度“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム 要旨集 「生体分子の形と機能」, 2004. p.121 - 124.

PAGE TOP