TOP > 研究報告検索 > 蛋白質の「配列-構造-安定性」相関の系統的解析

蛋白質の「配列-構造-安定性」相関の系統的解析

研究報告コード R070000204
整理番号 R070000204
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 高野 和文
研究者所属機関
  • 大阪大学大学院工学研究科
研究機関
  • 大阪大学大学院工学研究科
報告名称 蛋白質の「配列-構造-安定性」相関の系統的解析
報告概要 蛋白質は、そのアミノ酸配列に起因して特異的な立体構造を形成しますが、そのメカニズムはまだ明らかにはなっていません。本研究では、この課題に対して、直接実験で「配列と構造」の関係を構築することで新たな知見を得ることが可能かどうかという問題に取り組みました。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000204_01SUM.gif R070000204_02SUM.gif R070000204_03SUM.gif R070000204_04SUM.gif R070000204_05SUM.gif
研究分野
  • 分子構造
関連発表論文 (1) Takano et al. (1995) J. Mol. Biol. 254, 62.; Takano et al. (2003) J. Biol Chem. 278, 31790. 他23報
(2) Mukaiyama, Takano et al. (2004) Biochemistry 43, 13859.
(3) Ohnishi and Takano (2004) Cell. Mol. Life Sci. 61 , 511.; Cornista, Koga, Takano et al. (2005) J. Biotechnol. (in press).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/たんぱく質関連領域
研究報告資料
  • 高野 和文. 蛋白質の「配列-構造-安定性」相関の系統的解析. 2005年度“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム 要旨集 「生体分子の形と機能」, 2005. p.5 - 8.

PAGE TOP