TOP > 研究報告検索 > タンパク質選別輸送装置の人工膜小胞への再構成

タンパク質選別輸送装置の人工膜小胞への再構成

研究報告コード R070000206
整理番号 R070000206
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 佐藤 健
研究者所属機関
  • 理化学研究所・中央研究所
研究機関
  • 理化学研究所・中央研究所
報告名称 タンパク質選別輸送装置の人工膜小胞への再構成
報告概要 真核生物の細胞内には、小胞体、ゴルジ体、リソソーム等のオルガネラ(細胞内小器官)が発達し、それぞれのオルガネラが独自の機能を担っている。これらのオルガネラ間では直径50-100nmの「輸送小胞」を介した小胞輸送と呼ばれるシステムにより、盛んに物質や情報のやりとりが行われている。特に代表的なオルガネラの一つである小胞体では、各オルガネラで機能するタンパク質や脂質、あるいは細胞外に分泌されるタンパク質の合成が行われ、必要な翻訳後修飾や高次構造の形成が完了したもののみが選択的に輸送小胞に取り込まれて目前の場所へと運ばれていく。本研究では、小胞体からの輸送小胞形成に関わる精製因子と再構成人工膜小胞を用いて、精製因子のみにより輸送小胞の形成と、輸送小胞へのタンパク質の選択的取り込みを再現する完全再構成系を構築し、輸送小胞形成とタンパク質選別輸送の分子機構について詳細に解析を行った。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000206_01SUM.gif R070000206_02SUM.gif R070000206_03SUM.gif
研究分野
  • 細胞膜の輸送
関連発表論文 (1) Ken Sato and Akihiko Nakano, "Oligomerization of a cargo receptor directs protein sorting into COPII-coated transport vesicles" Mol. Biol. Cell, 14, 3055-3063, (2003)
(2) Ken Sato and Akihiko Nakano, "Reconstitution of coat protein complex Ⅱ (COPⅡ) vesicle formation from cargo-reconstituted proteoliposomes reveals the potential role of GTP hydrolysis by Sar1p in protein sorting" J Biol Chem. 279, 1330-1335, (2004)
(3) Ken Sato and Akihlko Nakano, "Kinetic dissection of COPII subunits assembly and disassembly on SNAREs during Sar1p GTP hydrolysis " Nat. Struct. Mol. Biol. 12, 167-1 74, (2005) *同誌同号のNews and Views に掲載される(Vol. 12, pl06-107 (2005))
(4) Ken Sato and Akihiko Nakano, "Reconstitution of cargo-dependent COPII coat assembly on proteoliposomes " Methods Enzymol 104, (2005) in press
(5) 佐藤健、中野明彦「小胞体におけるタンパク質の選別輸送」実験医学 Vol. 21,No.7,886-891.(2003)
(6) 佐藤健、中野明彦「小胞体一ゴルジ体間輸送の制御」生化学第75巻第6号,472-478.(2003)
(7) 佐藤健、中野明彦「小胞体における輸送小胞形成とタンパク質選別の分子機構」実験医学(増刊)Vol. 21,No-14,122-128.(2003)
(8) Ken Sato, "COPII coat assembly and selective export from the endoplasmic reticulum" J. I Biochem. (Minireview) 136, 755-760, (2004)
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/たんぱく質関連領域
研究報告資料
  • 佐藤 健. タンパク質選別輸送装置の人工膜小胞への再構成. 2005年度“たんぱく質関連領域”合同シンポジウム 要旨集 「生体分子の形と機能」, 2005. p.17 - 20.

PAGE TOP