TOP > 研究報告検索 > 新しいナノ計測の開発と生物への応用(新世代ナノ計測の開発と生体分子への応用

新しいナノ計測の開発と生物への応用(新世代ナノ計測の開発と生体分子への応用

研究報告コード R070000237
整理番号 R070000237
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 石島 秋彦
研究者所属機関
  • 名古屋大学
研究機関
  • 名古屋大学
報告名称 新しいナノ計測の開発と生物への応用(新世代ナノ計測の開発と生体分子への応用
報告概要 現在のナノ計測システムに比べ、高時間、空間分解能を有する新世代ナノ計測システムを開発し、ナノメートルレベルで生体分子の運動を正確に計測することを目的とします。これらの計測系を開発することにより、運動タンパク質以外の生体分子にもその研究分野を広げ、生体分子のエネルギー変換機構の解明を目指します。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000237_01SUM.gif R070000237_02SUM.gif R070000237_03SUM.gif R070000237_04SUM.gif R070000237_05SUM.gif R070000237_06SUM.gif
研究分野
  • 生物物理的研究法
関連発表論文 (1) Ishii, Y., Ishijima, A. & Yanagida. T., TRENDS in Biotechnology, 19(.6), 211-216.(2001).: Single molecule nanomanipulation of biomolecules.
(2) Kitamura, K., Ishijima, A., Tokunaga,M., & Yanagida, T., JSAP International, 4, 4-9. (2001): Single-Molecule Nanobiotechnology.
(3) Ishijima, A., & Yanagida, T. Trends in Biochemical Sciences, 26 (7), 438-444. (2001): Single molecule nanobioscience.
(4) Ishii, Y., Ishijima, A. & Yanagida, T. Results and Problems in Cell Differentiation, 36, 87-l05. (2002): Coupling between chemical and mechanical events and conformation of single protein molecules
(5) Kitamura, K., Ishijima, A., Tokunaga, M. & Yanagida, T., AAPPS Bulletin,. 11, (4), 2-8, (2002): Single-Molecule Nanobiotechnology
(6) Yorimitsu T, Sowa Y, Ishijima A, Yakushi T, & Homma M. J Mol Biol Jul 5; 320(2), 403-13,(2002) : The Systematic Substitutions Around the Conserved Charged Residues of the Cytoplasmic Loop of Na(+)-driven Flagellar Motor Component PomA.
(7) Nomura, F., Honda, M., Takeda, S., Inaba, T., Takiguchi, K., Itoh, TJ., Ishijima, A., Umeda, T. & Hotani, H. Journai of biological physics., 28 (2), 225-235, (2002): Morphological and topological transformation of membrane vesicles.
(8) Hotani, H., Nomura, F., Takeda, S., Inaba, T.. Takiguchi, K., Itoh, T.J. Ishijima, A. & Umeda, T. In New Approaches to Structural Mechanics, Shells and Biological Structures (H. Drew & S.o Pellegrino eds.), Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, The Netherlands. 435-446 (2002): Morphological and Topological Transformation of Liposomes.
(9) Sowa, Y., Hotta, H., Homma, M. & Ishijima. A. Journal of Molecular Biology., 327/5. 1043-l051 .(2003): Torque-speed Relationship of the Na+-driven Flagellar Motor of Vibrio alginolyticus.
(10) Kimura Y, Toyoshima N, Hirakawa N, Okamoto K. & Ishijima A. J Mol Biol, May 9;328(4):939-950. (2003): A Kinetic Mechanism for the Fast Movement of Chara Myosin.
(11) H. Hotani, T. Inaba, F. Nomura, S. Takeda, K. Takiguchi, T. J. Itoh, T. Umeda and A. Ishijima. Mechanical analyses of morphological and topological transformation of liposomes, Biosystems Vol 71, Pages 93-lOO (September 2003)
(12) H. Hotani, T. Umeda, Y. Suezaki, F. Nomura, K. Takiguchi: Mathematical Analysis of Morphological and Topological Transformation of Membrane Vesicles. BIOMATHEMATICS and RELATED COMPUTATIONAL PROBLEMS (BIOCOMP2002) .Hotel Baia, Vietri sul Mare, Italy, June 3-9 (on 7), 2002. Abstract pp 159, invited.
(13) Kimura, Y., Toyoshima, N., Hirakawa, N., Okamoto, K., Ishijima, A. & Higashi-Fujime S. BIOPHYS J, 82 (1), 1999 Part 2 JAN (2002): Mechanical properties of Chara myosin.
(14) Hotani, H., Nomura, F., Honda, M., Takeda, S., Itoh. T. J., Ishijima , A. & Umeda, T. 4th International Conference Biological Physics(ICBP2001). Kyoto International Conference Hall, Kyoto, Japan, July 30-Aug.3(on3l),(200l). Morphological and topological transformation of membrane vesicles.
(15) Ishijima, A., Kimura,Y. & Higashi-Fujime, S. Biophys J.,84(2).117a.A,(2003): Kinetic Mechanism for the Fast Movement of Chara Myosin.
(16) Sowa, Y., Hotta, H., Homma, M. & Ishijima, A. Biophys J.,84(2). 572a.(2003): The Effect of Na+ on Torque-Speed Relationship of Na+-driven Flagellar Motor.
(17) 8th Keihanna International Conference on Molecular Biophysics, (2002): The torque-speed relationship of the Na+-driven flagellar motor of Vibrio alginolyticus.
(18) The 30th NlPS International Symposium, Frontiers of Biological Electron Microscopy - Proteins to Supramolecules -, Mar 12-15, 2003, The torque-speed relationship of the Na+-driven flagellar motor of Vibrio alginolyticus.
(19) The 4th European Biophysics Congress, July 5-9, 2003, Alicante, Mechanical force required for membrane protrusion formation.
(20) The 1st International Conference on Single-Molecule Bionanotechnology for Cell Membrane Biology, Aug 20-22, 2003, The torque-speed relationship of the Na+-driven flagellar motor of Vibrio alginolyticus.
(21) 石島秋彦,日本機械学会 関東支部 第7期 総会講演会(2000):光測定手法を用いた生体分子の1分子計測
(22) 稲葉岳彦,本田誠,滝口金吾,宝谷紘一,石島秋彦:リポソームの膜突起形成に必要な力測定,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,2P157
(23) 岡木圭一郎,木村祐史,平川昇,藤目杉江,石島秋彦:光ピンセットを用いた車軸藻ミオシン1分子力学測定-ATP濃度依存性についての考察-,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,3P135
(24) 笠原秀明(名大院・工・応用物理):細胞内輸送小胞の捕捉及び運動測定,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,3P214
(25) 高山治久,曽和義幸,本間道夫,石島秋彦:べん毛モーター回転におけるLi+とNa+濃度依存性の検討,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,3P168
(26) 曽和義幸,堀田博之,本間道夫,石島秋彦:Na+駆動型べん毛モーターの回転計測,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,3P173
(27) 平川昇,岡本圭一郎,石島秋彦,藤目杉江:車軸藻ミオシンの力-速度関係,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,3P137
(28) 木村祐史,岡本圭一郎,藤目杉江,石島秋彦:車軸藻ミオシンの1分子力学,日本生物物理学会 第39回日本生物物理学会年会 2001,3P134
(29) 稲葉岳彦,滝口金吾,宝谷紘一,石島秋彦:光ピンセットによる膜突起形成の力学的測定,日本生物物理学会 第40回日本生物物理学会年会 2002,lG1345
(30) 曽和義幸,堀田博之,本間道夫,石島秋彦:Na+駆動型べん毛モーターのトル-スピード関係における[Na+]の影響,日本生物物理学会 第40回日本生物物理学会年会 2002,3E1015
(31) 稲葉岳彦,石島秋彦,滝口金吾,宝谷紘一:膜小胞における球状部と膜突起の共存条件,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会 2003,B345
(32) 羽田成宏,石島秋彦:細胞内輸送小胞のマニピュレーション,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会 2003,B545
(33) 加藤伸彦,石島秋彦,稲葉岳彦,滝口金吾,梅田民樹,宝谷紘一:膜小胞の力学的特性に対する脂質組成の影響,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会2003,B597
(34) 曽和義幸,薬師寿治,本間道夫,石島秋彦:大腸菌で機能するNa+駆動型モーターの回転計測,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会 2003,B434
(35) 町山裕亮,白井啓介,石島秋彦:微小ビーズを用いたactomosinの1分子力学計測 -光ピンセット法における時間・空間分解能の向上,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会 2003,B476
(36) 南野徹,曽和義幸,西條由見子,杉山滋,石島秋彦,大澤研二,難波啓一:サルモネラ菌の運動性に及ぼされるべん毛モータ蛋白質複合体MotA/Bのマルチコピー効果,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会 2003,B506
(37) 白井啓介,町山裕亮,石島秋彦:車軸藻ミオシンの1分子力学計測 -運動活性の低下を防ぐために-,日本生物物理学会 第41回日本生物物理学会年会 2003,B482.
(38) 石島秋彦,マイクロマシン,617-620,2002:生体リニアモーター,回転転モーターの運動メカニズム
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/相互作用と賢さ研究領域
研究報告資料
  • 石島 秋彦. 新しいナノ計測の開発と生物への応用(新世代ナノ計測の開発と生体分子への応用. さきがけライブ2004 情報・知能分野 2004年度 研究報告会 「相互作用と賢さ」研究領域 講演要旨集(研究期間:2001-2004), 2005. p.87 - 95.

PAGE TOP