TOP > 研究報告検索 > 光と原子の間の量子情報ネットワークの実現

光と原子の間の量子情報ネットワークの実現

研究報告コード R070000262
整理番号 R070000262
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 上妻 幹旺
研究者所属機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
研究機関
  • 東京工業大学大学院理工学研究科
報告名称 光と原子の間の量子情報ネットワークの実現
報告概要 光は最も速い情報の担体であるが、互いに相互作用をしないという欠点をもつ。一方、原子は互いに相互作用をするが、情報の担体にはむかない。本研究の目的は、こうした相補的な特徴をもつ二つの系間において量子情報を自由にやりとりする技術を構築することにある。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000262_01SUM.gif R070000262_02SUM.gif
研究分野
  • 量子光学一般
関連発表論文 (1) K. Akiba, D. Akamatsu, and M. Kozuma, "Frequency-filtered parametric fluorescence interacting with an atomic ensemble", Optics Communications (25 October 2005 よりweb上にて公開,紙面による出版近日中).
(2) D. Akamatsu, K. Akiba, and M. Kozuma, "Electromagnetically induced transparency with squeezed vacuum", Phys. Rev. Lett. 92. 203602 (2004).
(3) M. Kozuma, D. Akamatsu, K. Akiba, T. Tanimura, Y. Yokoi, "Quantum Information Processing and Quantum Memory: Experimental Approach from Atomic Physics", International Quantum Electronics Conference 2005 (Nippon Toshi Center, Japan), 11-15 Julay 2005.
(4) M. Kozuma, "Communication of quantum information between light and atoms", ESF-JSPS Frontier Science Conference Series for Young Researchers, Quantum Information and Quantum Physics (Shonan Village Center, Japan), 12-18 March 2005.
(5) M. Kozuma, "Ultra-slow propagation of squeezed vacuum by using electro-magnetically induced transparency", Japan German Colloquium 2004 on Quantum Optics (Wildbad Kreuth, Germany), 9-12 February 2004.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/秩序と物性,ナノと物性,光と制御
研究報告資料
  • 上妻 幹旺. 光と原子の間の量子情報ネットワークの実現. ナノテクノロジー分野3領域合同研究報告会 講演要旨集 「秩序と物性」「ナノと物性」「光と制御」領域 (研究期間:2002-2005), 2006 . p.24 - 25.

PAGE TOP