TOP > 研究報告検索 > 酸化還元活性金属錯体液晶における動的構造と物性制御

酸化還元活性金属錯体液晶における動的構造と物性制御

研究報告コード R070000277
整理番号 R070000277
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 張 浩徹
研究者所属機関
  • 京都大学大学院工学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院工学研究科
報告名称 酸化還元活性金属錯体液晶における動的構造と物性制御
報告概要 「物質の状態変換」は基礎学問領域における重要な研究対象であるばかりでなく、エネルギー変換や電子デバイス等、人類の社会生活を支える必要不可欠な自然現象・プロセスである。本研究では、レドックス(外圏電子移動(OET))や金属-配位子間電荷移動(内圏電子移動(IET))を示すカテコラート配位子(図1)を用いてディスコチック型金属錯体液晶を形成し、液晶が示す「配向柔軟性」に加え、構成分子の電荷・双極子の空間分布を変換しうる「電子構造柔軟性」を連動させた新物質の開発と機能発現を目的とした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000277_01SUM.gif R070000277_02SUM.gif R070000277_03SUM.gif
研究分野
  • 液晶一般
  • 配位化合物一般
関連発表論文 (1) Polytypic Phase Transition in Alkyl Chain-Functionalized Valence Tautomeric Complexes, D. Kiriya, H.-C. Chang, A. Kamata, and S. Kitagawa, Dalton Trans. (2006) in press (Front Cover).
(2) A Redox-active Hexagonal Columnar Metallomesogen and Its Direct Electrochemical Activity H.-C. Chang, T. Shiozaki, A. Kamata, T. Ohmori, T. Yamauchi, H. Furukawa, D. Kiriya, and S. Kitagawa, submitted for publication (2005).
(3) Metal-Organic Thin-Film Transistor (MOTFT) Based on a Bis(o-diiminobenzosemiquinonate) Nickel(II) Complex S.-i. Noro, H.-C. Chang, T. Takenobu, Y. Murayama, T. Kanbara, T. Aoyama, T. Sassa, T. Wada, D. Tanaka, S. Kitagawa, Y. Iwasa, T. Akutagawa, and T. Nakamura, J. Am. Chem. Soc. 127 (2005) pp.10012-10013.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/秩序と物性,ナノと物性,光と制御
研究報告資料
  • 張 浩徹. 酸化還元活性金属錯体液晶における動的構造と物性制御. ナノテクノロジー分野3領域合同研究報告会 講演要旨集 「秩序と物性」「ナノと物性」「光と制御」領域 (研究期間:2002-2005), 2006 . p.56 - 57.

PAGE TOP