TOP > 研究報告検索 > 両親媒性ディスク状化合物の自己組織化とナノデバイスへの応用

両親媒性ディスク状化合物の自己組織化とナノデバイスへの応用

研究報告コード R070000307
整理番号 R070000307
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 木村 睦
研究者所属機関
報告名称 両親媒性ディスク状化合物の自己組織化とナノデバイスへの応用
報告概要 ディスク状化合物は、分子間のπ-π相互作用によりスタッキングしたカラム状組織体を形成する(図1)。このカラム内では、電子・ホールがカラム軸に沿って輸送されることが報告されており、カラムの成長を自在に行うことができれば新規なナノスケールのワイヤー・ケーブルとして機能すると考えられている。そこで、本研究ではディスク状化合物の自己組織化を利用した垂直配向有機・無機複合膜の構築について研究を行う。具体的には、金属フタロシアニン錯体・金属ポルフィリン錯体・トリフェニレン・コロネンなどの大きさの異なるディスク状化合物が自己組織化したカラム状組織体を固体基板上で垂直配向させ、これをテンプレートとした有機・無機複合膜の調製を目標とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000307_01SUM.gif R070000307_02SUM.gif R070000307_03SUM.gif R070000307_04SUM.gif R070000307_05SUM.gif
研究分野
  • 分子化合物
  • 無機化合物の薄膜
関連発表論文 (1) Kimura, M., Sato, Y., Ohta, K., Hanabusa, K., Shirai, H., Kobayashi, N. Self-Organization of Supramolecular Complex Composed of Rigid Dendritic Porpyrin and Fullerene, J. Am. Chem. Soc., 124, 5274-5275 (2002)
(2) Kimura, M., Narikawa, H., Ohta, K., Hanabusa, K., Shirai, H., Kobayashi, N. Star-shaped Stilbenoid Phthalocyanines, Chem. Mater. 14, 2711-2717 (2002)
(3) Kimura, M., Ueki, H., Ohta, K., Hanabusa, K., Shirai, H., Kobayashi, N. Aggregation Behavior of Amphiphilic Phthalocyanine Block Copolymers, Langmuir, 20, 7683-7687 (2002)
(4) Kimura, M., Kuroda, T., Ohta, K., Hanabusa, K. Shirai, H., Kobayashi, N. Self-Organization of Hydrogen-Bonded Opticvally Active Phthalocyanine Dimmers, Langmuir, 19, 4825-4830 (2003)
(5) Kimura, M., Sakaguchi, A., Ohta, K., Hanabusa, K. Shirai, H., Kobayashi, N, Selective Ligation to Sterically Isolated Metallophthalocyanines, Inorg. Chem., 42, 2821-2823 (2003)
(6) Kimura, M., Wada, K., Y. Iwashima, Ohta, K., Hanabusa, K., Shirai, H., Kobayashi, N. Preparation of Organic-Inorganic Hybrids containing Rod-like Phthalocyanine Polymers, Chem. Commun., 2003, 2504-2505
(7) Kimura, M., Kobayashi, S., Kuroda, T., Hanabusa, K., Shirai, H. Assembly of Gold Nanoparticles into Fibrous Aggregates Using Thiol-Terminated Gelators, Adv. Mater. 16, 335 (2004)
(8) Kimura, M., Ueki, H., Ohta, K., Hanabusa, K., Shirai, H., Kobayashi, N., Nanoscopic Fibrous Assemblies Made of Metallophthalocyanine-Terminated Amphiphilic Polymers, Chem. Eur. J. in press (2004)
(9) 木村睦,白井汪芳,“機能性高分子の集合化による高分子機能”,高分子,2002,51,255
(10) M.Kimura and H.Shirai,“Enzyme-Like Catalytic Reactions of Metallophthalocyanines and Polymeric Metallophthalocyanines”, In The Porphyrin Handbook, Ed. by K. M. Kadish,K. M. Smith,R. Guilard,Elisevier Science,2003,Vol.19,pp 151.
(11) 木村睦,白井汪芳,“表面物性の応用”,機能性色素としてのフタロシアニン(広橋亮,坂本恵一,奥村映子編),アイピーシー,2004,pp491
(12) 木村睦,“両親媒性ディスク状化合物の自己組織化”,表面,2004,印刷中
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/組織化と機能
研究報告資料
  • 木村 睦. 両親媒性ディスク状化合物の自己組織化とナノデバイスへの応用. さきがけライブ2004 ナノテクノロジー分野合同研究報告会 「組織化と機能」領域 講演要旨集(研究期間:2001-2004), 2005. p.34 - 39.

PAGE TOP