TOP > 研究報告検索 > 自己組織化単分子膜を利用したDNAセンサーの構築

自己組織化単分子膜を利用したDNAセンサーの構築

研究報告コード R070000310
整理番号 R070000310
掲載日 2008年4月11日
研究者
  • 中村 史夫
研究者所属機関
報告名称 自己組織化単分子膜を利用したDNAセンサーの構築
報告概要 DNAは、4つの塩基(アデニン-チミン、シトシン-グアニン)の組み合わせによって遺伝情報を保存・伝達する「分子情報材料」としてとらえることができる。近年、DNAチップに代表されるように、DNAの塩基配列にコードされている遺伝情報の固体基板上での簡便かつ迅速な読みとりが世界的に盛んに行なわれているが、20塩基対程度のオリゴマーにおいてさえ1塩基多型の効率的な検出(1塩基ミスマッチ検出)は未だ容易ではない。本研究では、固液界面でのDNAの二重鎖形成(ハイブリダイゼーション)に関する独自の研究成果に基づいて、さらに選択性の高い表面反応場の創製を進めるとともに、ハイスループットなDNAの新規検出法の開発を進めることを目的とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R070000310_01SUM.gif R070000310_02SUM.gif R070000310_03SUM.gif R070000310_04SUM.gif R070000310_05SUM.gif R070000310_06SUM.gif R070000310_07SUM.gif R070000310_08SUM.gif
研究分野
  • 固-液界面
  • 生物物理的研究法
関連発表論文 (1) M. M. Matsushita, N. Ozaki, T. Sugawara, F. Nakamura and M. Hara, "Formation of Self-Assembled Monolayer of Phenylthiol Carrying Nitronyl Nitrooxide on Gold Surface", Chemistry Letters. 2002, 6, 596-597 (2002).
(2) F. Nakamura, K. Mitsui, M. Hara, S. Kraemer, S. Mittler, and W. Knoll "Preparation of Self-Assembled Monolayer Containing Anthryl Groups toward Hybridization of Nucleotides", Langmuir, 19, 5823-5829 (2003).
(3) Y. Sakao, F. Nakamura, N. Ueno, and M. Hara, "FORMATION OF DNA SELF ASSEMBLED MONOLAYER ON A GOLD SUBSTRATE", Molecular Crystals and Liquid Crystals, 407, 141-146 (2003).
(4) F. Nakamura., E. Ito, Y. Sakao, N. Ueno, I. N. Gatuna, F. S. Ohuchi, and M. Hara "Preparation of Branched DNA Self-Assembled Monolayer Toward Novel DNA Biosensors", Nano Letters 3, 1083-1086 (2003)
(5) W. Knoll, M. -Y. Han, X. Li, J. -L. Hernandez-Lopez, A. Manna, K. Mullen, F. Nakamura, L. Niu, R. Robelek, E. L. Schmid, K. Tamada, and X. Zhong,, "Nanoscopic building blocks from polymers, metals, and semiconductors for hybrid architectures", Journal of Nonlinear Optical Physics and Materials, 13, 229-241 (2004)
(6) Colloids and Surfaces B in press (2004), "HYBRIDIZATION OF OLIGONUCLEOTIDE BY USING DNA SELF-ASSEMBLED MONOLAYER" Y. Sakao, F. Nakamura, N. Ueno, and M. Hara
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/組織化と機能
研究報告資料
  • 中村 史夫. 自己組織化単分子膜を利用したDNAセンサーの構築. さきがけライブ2004 ナノテクノロジー分野合同研究報告会 「組織化と機能」領域 講演要旨集(研究期間:2001-2004), 2005. p.52 - 57.

PAGE TOP