TOP > 研究報告検索 > インテリジェント生物素子の創製

インテリジェント生物素子の創製

研究報告コード R090000003
掲載日 2009年2月20日
研究者
  • 片平 正人
研究者所属機関
  • 横浜市立大学 国際総合科学研究科
報告名称 インテリジェント生物素子の創製
報告概要 本さきがけ研究においては、まわりのイオン環境を感知して動作する自律的な核酸酵素の創製と、核酸性人工イオンチャネルの創製にチャレンジした。前者に関しては、イオン濃度に依存して核酸酵素の活性をオフからオンにする事に成功した。後者に関しては、核酸がイオンの運び手として機能している事を示唆する結果を得る事ができた。またロングレンジの構造情報を抽出する事によって、マルチドメインからなる生体分子の構造決定に成功した。さらにNMR法による酵素反応のリアルタイムモニタリングにも成功した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000003_01SUM.gif R090000003_02SUM.gif
関連発表論文 1. Gopinath. S.C.B., Matsugami, A., Katahira, M. and Kumar, P.K.R. (2005)Nucleic Acids Res., 33, 4874-4881. "Human vault-associated non-coding RNAs bind to mitoxantrone, a chemotherapeutic compound"
2. Matsugami, M., Xu, Y., Noguchi, Y., Sugiyama, H. and Katahira, M. (2007)FEBS J., 274, 3545-3556. "Structure of human telomeric DNA under physiologlical ionic conditions stabilized by proper incorporation of 8-bromoguanosines, as determined by NMR"
3. Matsugami, A., Ohyama, T., Inada, M., Inoue, N., Minakawa, N., Matsuda, A., Katahira, M. (2008)Nucleic Acids Res., 36, 1805-1812. "Unexpected A-form formation of 4'-thioDNA in solution, revealed by NMR, and the implications as to the mechanism of nuclease-resistance"
4. Nagata, T., Takada, Y., Ono, A., Nagata, K., Konishi, Y., Nukina, T., Ono, M., Matsugami, A., Furukawa, A., Fujimoto, N., Fukuda, H., Nakagama, H. and Katahira, M. (2008)Nucleic Acids Res., 36, 6816-6824. "Elucidation of the mode of interaction in the UP1-telomerase RNA-telomeric DNA ternary complex which serves to recruit telomerase to telomeric DNA and to enhance the telomerase activity"
5. Furukawa, A., Nagata, T., Matsugami, A., Habu, Y., Sugiyama, R., Hayashi, F., Yokoyama, S., Takaku, H., and Katahira, M. (2008)EMBO J., in press. "Structure, interaction, and real-time monitoring of the enzymatic reaction of wild-type APOBEC3G"
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/構造制御と機能
研究報告資料
  • 片平 正人. インテリジェント生物素子の創製. さきがけ「構造制御と機能」研究領域 平成20年度成果報告会 ~ナノサイエンスを舞台とする若き分子科学者達の挑戦~  講演要旨集. p.5 - 6.

PAGE TOP