TOP > 研究報告検索 > 3次元空間の精密有機建築化学

3次元空間の精密有機建築化学

研究報告コード R090000005
掲載日 2009年2月20日
研究者
  • 伊丹 健一郎
研究者所属機関
  • 名古屋大学 大学院理学研究科
報告名称 3次元空間の精密有機建築化学
報告概要 サイエンスの進展における新物質創製の担う役割は極めて大きく、有機合成化学は今後のさらなる発展と進化が期待されている。我々の目標は、「原子・分子レベルから意のままにビルドアップし、空間と機能を自在に操る」という化学者共通の夢の実現に積極的に貢献する合成化学者であることである。本研究では、分子サイズという階層性で分類した3つの合成化学(0.1nm, 1nm, 10nm)の新方法論を開拓し、有機合成化学の守備範囲と可能性を大幅に拡大することを目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000005_01SUM.gif R090000005_02SUM.gif R090000005_03SUM.gif R090000005_04SUM.gif R090000005_05SUM.gif
関連発表論文 1. Reviews: (a)Bull. Chem. Soc. Jpn. 2006, 79, 811. (b)Synlett 2006, 157. Examples(2005~): (c)Synlett2005, 1802. (d)Org. Lett. 2005, 7, 1219.
2. Review:(a)Chem. Eur. J. 2006, 12, 3966. Examples(2005~): (b)J. Org. Chem. 2005, 70, 2778(Selected as "Heart Cut" in The American Chemical Society).
3. Angew. Chem. lnt. Ed. 2006, 45, 2404(Highlighted in Synfacts).
4. (a)J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 1464(Highlighted in Synfacts). (b)Org. Lett. 2006, 8, 1419((Highlighted in Synfacts). (c)Org. Lett. 2006, 8, 729. (d)Org. Lett. 2005, 7, 4725. (e)J. Org. Chem. 2005, 70, 6933.
5. (a)J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 11748(Highlighted in Science and Synfacts). (b)Tetrahedron 2008, 64, 6073. (c)Org. Lett. 2008, 10, 3607(Highlighted in Synfacts and J. Synth. Org. Chem. Jpn.). (d)Org. Lett. 2008, 10, 4673. (e)Chem. Lett., in press. (f)Top. Curr. Chem., in press.
6. Chem. Eur. J. 2008, 14, in press.
7. (a)J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 8080(Highlighted in Synfacts). (b)McGraw-Hill Yearbook of Science & Technology, in press.
8. Org. Lett. 2008, 10, 4609.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/構造制御と機能
研究報告資料
  • 伊丹 健一郎. 3次元空間の精密有機建築化学. さきがけ「構造制御と機能」研究領域 平成20年度成果報告会 ~ナノサイエンスを舞台とする若き分子科学者達の挑戦~  講演要旨集. p.9 - 10.

PAGE TOP