TOP > 研究報告検索 > ドレミっち:成長する仮想演奏者の構築

ドレミっち:成長する仮想演奏者の構築

研究報告コード R090000026
掲載日 2009年3月13日
研究者
  • 浜中 雅俊
研究者所属機関
  • 筑波大学 大学院システム情報工学研究科
報告名称 ドレミっち:成長する仮想演奏者の構築
報告概要 本研究では、ユーザと即興演奏することにより、次第に演奏が上達したり、音楽の趣向がユーザに近くなるなど、音楽的に成長する仮想演奏者ドレミっちの実現を目指しました。本プロジェクトでは、高度な音楽的活動を可能とする仮想演奏者を実現するため、音楽家の音楽知識を計算機上に実装することを試みました。具体的には、音楽理論GTTMに基づき自動で音楽構造分析を行うシステムFATTAを構築しました。そして、FATTAの分析結果であるタイムスパン木を用いて、あるメロディと他のメロディの中間のメロディの生成や演奏の予測を実現しました。また、演奏初心者が複数の仮想演奏者の演奏を聴き分けるためのインタフェース、サウンドスコープヘッドフォンを構築しました。今後、これらの要素技術を統合していくことにより、音楽的に成長する仮想演奏者を実現する予定です。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000026_01SUM.gif R090000026_02SUM.gif
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術
研究報告資料
  • 浜中 雅俊. ドレミっち:成長する仮想演奏者の構築. 表現の未来へ 2008 「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域シンポジウム. p.44 - 45.

PAGE TOP