TOP > 研究報告検索 > 分泌性ホスホリパーゼA2群の分子種固有の機能の解明

分泌性ホスホリパーゼA2群の分子種固有の機能の解明

研究報告コード R090000037
掲載日 2009年3月13日
研究者
  • 村上 誠
研究者所属機関
  • 東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所
報告名称 分泌性ホスホリパーゼA2群の分子種固有の機能の解明
報告概要 膜グリセロリン脂質のsn-2位を加水分解して脂肪酸とリゾリン脂質を生成する酵素ホスホリパーゼA2(PLA2)には多数の分子種が存在し、細胞内に存在するcPLA2、iPLA2群と、細胞外に分泌されるsPLA2(secreted PLA2)群に大別される。細胞内のリン脂質代謝における細胞内PLA2群の役割については多くの解析がなされてきたが、異なる組織分布を示す多数のsPLA2分子種が、①細胞外環境の如何なる局面で、②どのようなリン脂質代謝反応を制御するのか、③その結果としてどのような生体応答と関連し、④その破綻が如何なる病態と結びつくのかについては、一部の分子種を除いて殆ど未解明であった。本研究では、遺伝子改変マウスを用いて機能未知のsPLA2アイソザイムの生理的・病理的機能を解明し、脂質メタボロームの見地から各酵素の生体内基質を同定することを目指す。本研究のねらいと概略を図1に示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000037_01SUM.gif R090000037_02SUM.gif R090000037_03SUM.gif R090000037_04SUM.gif R090000037_05SUM.gif
関連発表論文 ・Sato, H., Kato, R., Isogai, Y., Saka, G., Ohtsuki, M., Taketomi, Y., Yamamoto, K., Tsutsumi, K., Yamada, J., Masuda, S., Ishikawa, Y., Ishii, T., Kobayashi, T., Ikeda, K., Taguchi, R., Hatakeyama, S., Hara, S., Kudo, I., Itabe, H., and Murakami, M. Analyses of group III secreted phospholipase A2 transgenic mice reveals potential participation of this enzyme in plasma lipoprotein modification, macrophage foam cell formation, and atherosclerosis. J. Biol. Chem. in press
・Masuda, S., Yamamoto, K., Hirabayashi, T., Ishikawa, Y., Ishii, T., Kudo, I., and Murakami, M. Human group III secreted phospholipase A2 Promtes neuronal outgrowth and survival. Biochem. J. 409, 429-438(2008)
・Kuwata, H., Fujimoto, C., Yoda, E., Nakatani, Y., Hara, S., Murakami, M., and Kudo, I. A novel role of group VIB calcium-independent phospholipase A2(iPLA2γ) in the inducible expression of group IIA secretory phospholipase A2 in rat fibroblastic cells. J. Biol. Chem. 282, 20124-20132(2007)
・Ohtsuki, M., Taketomi, Y., Arata, S., Masuda, S., Ishikawa, Y., Ishii, T., Takanezawa, Y., Aoki, J., Arai, H., Yamamoto, K., Kudo, I., and Murakami, M. Transgenic expression of group V, but not group X, secreted phospholipase A2 in mice leads to neonatal lethality because of lung dysfunction. J. Biol. Chem. 281, 36420-36433(2006)
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/代謝と機能制御
研究報告資料
  • 村上 誠. 分泌性ホスホリパーゼA2群の分子種固有の機能の解明. さきがけ 3領域合同研究報告会 講演要旨集「代謝と機能制御」. p.1 - 4.

PAGE TOP