TOP > 研究報告検索 > オーファン受容体の脂質天然リガンドの探索

オーファン受容体の脂質天然リガンドの探索

研究報告コード R090000039
掲載日 2009年3月13日
研究者
  • 石井 聡
研究者所属機関
  • 東京大学 大学院医学系研究科
報告名称 オーファン受容体の脂質天然リガンドの探索
報告概要 7回の膜貫通部位を持つGタンパク質共役型受容体(GPCR)は哺乳動物では数百種類存在し、タンパク質の中で最大のスーパーファミリーを形成している。細胞膜上に存在して多彩な細胞内シグナルを惹起するGPCRは、匂いやフェロモン、味、光など外来刺激に反応するものと、脂質やペプチド、アミン、核酸など生体の代謝産物(天然リガンド)に反応するものに大別される。後者のGPCRはヒトの生理現象や病態に重要な役割を果たしていると考えられている。事実、現在販売されている薬の多くは天然リガンドに反応するGPCRをターゲットとしており、その割合は30%とも50%とも言われている。ヒトゲノム解析の結果から100を超えるリガンド不明のGPCR、いわゆるオーファンGPCRの存在が明らかになったが、一部の脂質はこのオーファンGPCRを介して病態生理学的に強い影響を生体へ及ぼしている可能性が高い。そこで本研究では、オーファンGPCRの脂質天然リガンドを見つけること(脱オーファン化)を目的とする。この研究は脂質が関与する生理機能や疾患を理解することに加え、新規薬剤の開発を介して疾患治療にも役立つ可能性を持っている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000039_01SUM.gif R090000039_02SUM.gif R090000039_03SUM.gif R090000039_04SUM.gif R090000039_05SUM.gif
関連発表論文 ・Yanagida, K., *Ishii, S., Hamano, F., Noguchi, K., and Shimizu, T. (2007)LPA4/p2y9/GPR23 mediates Rho-dependent morphological changes in a rat neuronal cell line. J. Biol. Chem. 282, 5814-5824.
・Shindou, H., Hishikawa, D., Nakanishi, H., Harayama, T., Ishii, S., Taguchi, R., and Shimizu, T. (2007)A single enzyme catalyzes both PAF production and membrane biogenesis of inflammatory cells: cloning and characterization of acetyl-CoA:lyso-PAF acetyltransferase. J. Biol. Chem. 282, 6532-6539.
・Tsuda, M., Ishii, S., Masuda, T., Hasegawa, S., Nakamura, K., Nagata, K., Yamashita, T., Furue, H., Tozaki-Saito, H., Yoshimura, M., Koizumi, S., Shimizu, T., and Inoue, K. (2007)Reduced pain behaviors and ERK activation in primary sensory neurons by peripheral tissue injury in mice lacking platelet-activating factor receptor. J. Neurochem. 102, 1658-1668.
・Hikiji H., Takato T., Shimizu T., and Ishii S. (2008)The roles of prostanoids, leukotrienes, and platelet-activating factor in bone metabolism and disease. Prog. Lipid Res. 47, 107-126.
・Jiang, W., Hall, S.R., Moos, M.P.W., Cao, R.Y., Ishii, S., Ogunyankin, K.O., Melo, L.G., and Funk, C.D. (2008) Endothelial cysteinyl leukotriene 2 receptor (CysLT2R) expression mediates myocardial ischemia-reperfusion injury. Am. J. Pathol. 172, 592-602.
・Kihara, Y., Yanagida, K., Masago, K., Kita, Y., Hishikawa, D., Shindou, H., Ishii, S., and Shimizu, T. (2008)Platelet-activating factor production in the spinal cord of experimental allergic encephalomyelitis mice via the group IVA cytosolic PLA2-LysoPAFAT axis. J. Immunol. 181, 5008-5014.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/代謝と機能制御
研究報告資料
  • 石井 聡. オーファン受容体の脂質天然リガンドの探索. さきがけ 3領域合同研究報告会 講演要旨集「代謝と機能制御」. p.9 - 12.

PAGE TOP