TOP > 研究報告検索 > 細胞内生体分子間ネットワークのリアルタイム検出法の開発と細胞生物学的応用の検討

細胞内生体分子間ネットワークのリアルタイム検出法の開発と細胞生物学的応用の検討

研究報告コード R090000050
掲載日 2009年3月13日
研究者
  • 寺田 純雄
研究者所属機関
  • 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
報告名称 細胞内生体分子間ネットワークのリアルタイム検出法の開発と細胞生物学的応用の検討
報告概要 生体システムを構成するさまざまな機能分子(蛋白質や核酸など)間の相互関係は、一対一の対応関係や線形結合に限定されない。機能分子間の非特異的な“弱い”相互作用がシステムネットワークにおいてなんらかの機能を果たす可能性は高いが、この種の相互作用を検討するには遺伝学的手法を例外として適切な実験手法がほとんど存在しない。そこで本研究では、まず基質特異性の低い蛋白質群の関与する複合体の、特に生体内における会合や分離を観測できる実験系の確立を目指した。実験系としては蛍光相互相関分光法と新規に開発する“蛍光信号強度時系列解析測光法”の二つを比較しながら検討した。次に“蛍光信号強度時系列解析測光法”が生体分子間相互作用の制御関係を実時間下で観測可能か否かについて、調べることを目的とした。最終的には、これらの手法の細胞生物学的応用について検討することを目標においた(図1)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000050_01SUM.gif R090000050_02SUM.gif R090000050_03SUM.gif R090000050_04SUM.gif R090000050_05SUM.gif
関連発表論文 ・Terada et al.Alternative switching mechanism of slow/fast axonal transport by Kinesin-l and glaucomatous optic nerve degeneration. Submitted.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生命現象と計測分析
研究報告資料
  • 寺田 純雄. 細胞内生体分子間ネットワークのリアルタイム検出法の開発と細胞生物学的応用の検討. さきがけ 3領域合同研究報告会 講演要旨集「生命現象と計測分析」. p.5 - 8.

PAGE TOP