TOP > 研究報告検索 > 生命現象分析のための小分子転写因子創成

生命現象分析のための小分子転写因子創成

研究報告コード R090000057
掲載日 2009年3月13日
研究者
  • 上杉 志成
研究者所属機関
  • 京都大学 物質-細胞統合システム拠点・化学研究所
報告名称 生命現象分析のための小分子転写因子創成
報告概要 生物の表現型を劇的に変化させる生体内調節の一つに、遺伝子の転写がある。転写を小分子化合物で自由に制御できれば、分化、老化、癌化などの表現型を化合物で操ることができるだろう。生体内で転写を調節しているのは、転写因子と総称される一群のタンパク質。転写因子まるごとを小分子有機化合物でつくることができれば、遺伝子発現を外部から操ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000057_01SUM.gif
関連発表論文 1. Sato S., Kwon, Y., Kamisuki, S., Srivastava, N., Mao, Q., Kawazoe, Y., Uesugi, M. Polyproline-rod approach to isolating protein targets of bioactive small molecules:Isolation of a new target of indomethacin. J. Am. Chem. Soc. 129(4), 873-880(2007).
2. Choi, Y., Shimogawa, H., Murakami, K., Ramdas, L., Zhang, W., Qin, J., Uesugi, M. Chemical genetic identification of the IGF-linked pathway that is mediated by STAT6 and MFP2. Chem. Biol. 13, 241-249(2006).
3. Kwon, Y., Arndt, H., Mao, Q., Choi, Y., Kawazoe, Y., Dervan, P.B., Uesugi, M. Small molecule transcription factor mimic. J. Am. Chem. Soc. 126, 15940-15941(2004).
4. Shimogawa, H., Kwon, Y., Mao, Q., Kawazoe, Y., Choi, Y., Asada, S., Kigoshi, H., Uesugi, M. A wrench-Shaped synthetic molecule that modulates a transcription factor-coactivator interaction. J. Am. Chem. Soc. 126, 3461-3471(2004).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/生命現象と計測分析
研究報告資料
  • 上杉 志成. 生命現象分析のための小分子転写因子創成. さきがけ 3領域合同研究報告会 講演要旨集「生命現象と計測分析」. p.33 - 36.

PAGE TOP