TOP > 研究報告検索 > 新規分離・分析場としてのナノチャンネル集合体

新規分離・分析場としてのナノチャンネル集合体

研究報告コード R090000063
掲載日 2009年4月3日
研究者
  • 山口 央
研究者所属機関
  • 東北大学 大学院理学研究科
報告名称 新規分離・分析場としてのナノチャンネル集合体
報告概要 物質の空間的・時間的な分離・分析手法は、複数の化学物質の網羅的分析手段として必須といえる。研究者はこれまでに、ナノチャンネル集合体作製に関する革新的技術を世界に先駆けて開発し、精密分子ふるい能を有する分離・分析場として有効であることを実証してきた。本研究では、ナノチャンネル集合体作成技術を基軸に分離・分析場としてのナノチャンネルの特異性を解明すると共に、ナノチャンネルの特異性を利用した物質の空間的・時間的分離手法の開発を目指した。特に、サイズの異なる一連のナノチャンネル集合体作製手法と機能化手法の確立、ナノチャンネル内部の特異な物理物性の解明を図り、ナノチャンネル内部での物質移動を利用した分離・分析手法の設計と構築を重点的に推進した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000063_01SUM.gif R090000063_02SUM.gif R090000063_03SUM.gif
関連発表論文 1)A. Yamaguchi et al., “Extraction mechanisms of charged organic dye molecules into silica-surfactant nanochannels in a porous alumina membrane”, Anal. Chim. Acta, 556, 157-163(2006).
2)A. Yamaguchi et al., “Local environments of Coumarin Dyes within Mesostructured Silica-Surfactant Nanocomposite”, J. Phys. Chem. B, 110, 3910-3916(2006).
3)Y. Chen, A. Yamaguchi, T. Atou, K. Morita, N. Teramae, “Electrodeposition of Long-Ranged Arrays of One-Dimensional Gold-Nanowire by Using a Mesoporous Silica Membrane as a Template”, Chem. Lett., 35, 1352-1353(2006).
4)T. Yamashita, S. Kodama, M. Ohto, E. Nakayama, S. Hasegawa, N. Takayanagi, T. Kemmei, A. Yamaguchi, N. Teramae, Y. Saito, “Permeation flux of organic molecules through silica-surfactant nanochannels in a porous alumina membrane”, Anal. Sci, 22, 1495-1500(2006).
5)A. Yamaguchi, T. Yoda, S. Suzuki, K. Morita, N. Teramae, “Diffusivities of Tris(2, 2’-bipyridyl)ruthenium inside Silica-Nanochannels Modified with AIkylsilanes”, Anal. Sci, 22, 1501-1507(2006).
6)A. Yamaguchi, H. Kaneda, W. Fu, N. Teramae, “Structural control of surfactant-templated mesoporous silica formed inside columnar alumina pores”, Adv. Mater., in press.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/構造機能と計測分析
研究報告資料
  • 山口 央. 新規分離・分析場としてのナノチャンネル集合体. さきがけ「構造機能と計測分析」領域 一期生研究報告会 講演要旨集. p.5 - 6.

PAGE TOP