TOP > 研究報告検索 > 誘起構造をつくる 4 希土類イオンを用いた誘起構造形成 4.5 紫外線及び赤外のフェムト秒レーザーの誘起による希土類を含有するガラスの長残光

誘起構造をつくる 4 希土類イオンを用いた誘起構造形成 4.5 紫外線及び赤外のフェムト秒レーザーの誘起による希土類を含有するガラスの長残光

研究報告コード R990004072
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 邱 建栄
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 誘起構造をつくる 4 希土類イオンを用いた誘起構造形成 4.5 紫外線及び赤外のフェムト秒レーザーの誘起による希土類を含有するガラスの長残光
報告概要 輝尽発光ガラスの開発の延長として,紫外線と短波長の可視域の可視光の励起で,明るくて長い算光を示すガラスを初めて見いだした。また,フェムト秒レーザによるガラス中に三次元的な超残光の画像を書き込むことは可能であることを確認した。0.1mol%のEu単独ドープ及び0.1mol%のEuとDyコドープのアルミノシリケート系ガラス,53ZrF4・20BaF2・1LaF3・3LnF3・4AlF3・20NaF(ZBLAN)(Ln=希土類)ガラスを作成した。光学研磨されたガラスサンプルに254nm,365nmの紫外線や800nm,150fs,200kHzのフェムト秒レーザを照射した。紫外線とフェムト秒レーザ照射前後の吸収,発光,ESRスペクトルを測定し,長残光のメカニズムを考察した。メカニズムについての多くは推論の枠から出ていない。最近,希土類を全く含有しないシリカガラスでもフェムト秒レーザ誘起長残光現象を観測した。長残光のメカニズムを徹底的に解明していく予定である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990004072_01SUM.gif R990004072_02SUM.gif R990004072_03SUM.gif
研究分野
  • レーザの応用
  • 光デバイス一般
  • 非晶質の電子構造一般
  • 無機化合物のルミネセンス
  • ガラスの性質・分析・試験
関連発表論文 (1)J. Qiu and K. Hirao, Solid State Communications 106 (1998) 795.
(2)J. Qiu, M. Kawasaki, K. Tanaka, Y. Shimizugawa and K. Hirao, J. Phys. Chem. Solids 59 (1998) 1521.
(3)J. Qiu, K. Miura, H. Inouye, Y. Kondo, T. Mitsuyu and K. Hirao, Appl. Phys. Lett. 73 (1998) 1763.
(4)J. Qiu, Y. Kondo, K. Miura, T. Mitsuyu and K. Hirao, Jpn. J. Appl. Phys. 38 (1999) L649.
(5)邱建栄,三浦清貴,三露常男,平尾一之,希土類,No.34(1999)262.
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、平尾誘起構造プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 邱建栄. 誘起構造をつくる 4 希土類イオンを用いた誘起構造形成 4.5 紫外線及び赤外のフェムト秒レーザーの誘起による希土類を含有するガラスの長残光. 創造科学技術推進事業 平尾誘起構造プロジェクトHirao Active Glass Project NEWS(研究期間:1994-1999) '99.8 Final. p.89 - 94.

PAGE TOP