TOP > 研究報告検索 > 先端的ナノトライボロジー計測による情報記憶装置の革新

先端的ナノトライボロジー計測による情報記憶装置の革新

研究報告コード R090000070
掲載日 2009年4月3日
研究者
  • 福澤 健二
研究者所属機関
  • 名古屋大学 大学院工学研究科
報告名称 先端的ナノトライボロジー計測による情報記憶装置の革新
報告概要 情報記憶装置の中核である磁気ディスク装置(ハードディスクドライブ)のヘッド・ディスク潤滑技術には,大きな技術的転換が求められている。次世代の装置においては、高記録密度化のために、ヘッド・ディスク問のすき間として10nm以下が要求されており、これを実現するには、ヘッドを空気膜で浮上させていた従来の潤滑方式から、ディスク表面にヘッドを接触させながら走行する潤滑方式の確立が必須となる。しかし、すき間1nmオーダのヘッド・ディスク間の潤滑現象を従来の計測法ではとらえることが困難で、次世代の潤滑方式確立の大きな障害となっていた。耐久性の確保のために、ディスク表面には、厚さ1nmオーダの超薄膜状の液体潤滑膜(ナノ潤滑膜)が塗布されている。そのため、本計測法では、ナノ潤滑膜の摺動時の力学応答計測が重要となる。そして,本計測法では、微小すき間の現象を対象とし、かつ、ナノ潤滑膜の発生する力も微弱であるため、高精度なすき間制御と高感度な力検出の両立が求められる。これを満たす計測法は従来なく、新規な計測法を確立することを試みた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000070_01SUM.gif R090000070_02SUM.gif R090000070_03SUM.gif
関連発表論文 ・K. Fukuzawa, T. Deguchi, J. Kawamura, Y. Mitsuya, T. Muramatsu, H. Zhang, “Nanoscale Patteming of Thin Liquid Films on Solid Surfaces,” Applied Physics Letters, Vol. 87, No. 20, pp. 203108-1-3(2005).
・K. Fukuzawa, T. Ando, M. Shibamoto, Y. Mitsuya, H. Zhang, “Monolithically Fabricated Double-Ended Tuning-Fork-Based Force Sensor,” Journal of applied Physics, Vol. 99, No. 9, pp. 094901-1-5(2006).
・K. Fukuzawa, T. Shimuta, T. Yoshida, Y. Mitsuya, H. Zhang, “Direct Visualization of Dewetting of Molecularly Thin Liquid Films on Solid Surfhces,” Langmuir, Vol. 22, No. 16, pp. 6951-6955(2006).
・K. Fukuzawa, S. Terada, M. Shikida, H. Amakawa, H. Zhang, Y. Mitsuya, “Dual-Axis Micro-Mechanical Probe for Independent Detection of Lateral and Vertical Forces,” Applied Physics Letters, Vol. 89, pp. 173120-1-3(2006).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/構造機能と計測分析
研究報告資料
  • 福澤 健二. 先端的ナノトライボロジー計測による情報記憶装置の革新. さきがけ「構造機能と計測分析」領域 一期生研究報告会 講演要旨集. p.19 - 20.

PAGE TOP