TOP > 研究報告検索 > 生体情報分子の先端的可視化計測法の開発

生体情報分子の先端的可視化計測法の開発

研究報告コード R090000075
掲載日 2009年4月3日
研究者
  • 佐藤 守俊
研究者所属機関
  • 東京大学 大学院総合文化研究科
報告名称 生体情報分子の先端的可視化計測法の開発
報告概要 細胞機能やその破綻の結果である疾患の理解を目的として、鍵となる生体情報分子が細胞の中のどこで・いつ・どの程度生成し、機能しているのか、その動態を可視化計測する蛍光プローブの開発を行った。特に、生体脂質や生体小分子ならびにキナーゼによるタンパク質リン酸化をそれぞれ可視化計測するプローブを新しく開発すると共に、開発した蛍光プローブを活用して、従来の手法では明らかに出来なかった当該生体情報分子の動態を明らかにした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000075_01SUM.gif R090000075_02SUM.gif R090000075_03SUM.gif
関連発表論文 ・M. Sato, N. Hida and Y. Umezawa, Imaging the Nanomolar Range of Nitric Oxide with an Amplifier-Coupled Fluorescent Indicator in Living Cells, Proc. Natl. Acad. Sci, USA, 102, 14515(2005).
・M. Sato, Y. Ueda and Y. Umezawa, Imaging Diacylglycerol Dynamics at Organelle Membranes, nature Methods, 3, 797(2006).
・M. Sato, T. Nakajima, M. Goto and Y. Umezawa, Ce11-Based Indicator to Visualize Picomolar Dynamics of Nitric Oxide Release from Living Cells, Anal. Chem, 78, 8175(2006).
・M. Sato, Y. Kawai and Y. Umezawa, Genetically Encoded Fluorescent Indicators to Visualize Protein Phosphorylation by Extracellular Signal-Regulated Kinase (ERK) in Single Living Cells, Anal. Chem, 79, 2570(2007).
・T. Hitosugi, M. Sato, K. Sasaki and Y. Umezawa, Lipid Raft-Specific Knockdown of Src Family Kinase Activity Inhibits Cell Adhesion and Cell Cycle Progression of Breast Cancer Cells, Cancer Res., 67, 8139(2007).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/構造機能と計測分析
研究報告資料
  • 佐藤 守俊. 生体情報分子の先端的可視化計測法の開発. さきがけ「構造機能と計測分析」領域 一期生研究報告会 講演要旨集. p.29 - 30.

PAGE TOP