TOP > 研究報告検索 > フコース修飾によるNotch情報伝達の制御機構

フコース修飾によるNotch情報伝達の制御機構

研究報告コード R090000085
掲載日 2009年4月17日
研究者
  • 松野 建治
研究者所属機関
  • 東京理科大学 基礎工学部
報告名称 フコース修飾によるNotch情報伝達の制御機構
報告概要 Notch情報伝達系は、発生プロセスで重要な機能をはたしている。私は、Notch情報伝達に不可欠な新規遺伝子を検索し、O-フコース転移転移酵素をコードするO-fut1を同定した。O-fut1は、Notch受容体の細胞外ドメインにあるEGFリピートにO-結合でフコースを付加する。単一種の糖鎖修飾が、膜貫通型受容体の機能に必須である事実は、たいへん興味深い。私は、NotchのO-フコシル化が、なぜNotch情報伝達に必要なのかを明らかにしたいと考えた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000085_01SUM.gif R090000085_02SUM.gif
関連発表論文 ・Ishikawa, H. O., Higashi, S., Ayukawa, T., Sasamura, T., Aoki, K., Ishida N., Sanai, Y. and Matsuno, K. A Drosophila model of congenital disorder of glycosylation IIc implicates the deficiency of Notch signaling in its pathogenesis. Proc. Natl. Acad. Sci. USA in press(2005).
・Hori, K., Fostier, M., Ito, M., Fuwa, J. T., Go, M., Okano, H., Martin Baron, M. and Matsuno, K. Drosophila Deltex mediates Suppressor of Hairless-independent and late-endosomal activation of Notch signaling. Development 131, 5527-5537(2004).
・Sasamura, T., Sasaki, N., Miyashita, F., Nakao, S., Ishikawa, H. O., Ito, M., Kitagawa, M., Harigaya, K., Spana, E., Bilder, D., Perrimon, N. and Matsuno, K. neurotic, a novel maternal neurogenic gene, encodes an O-fucosyltransferase that is essential for Notch-Delta interactions. Development 130, 4785-4795(2003).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/タイムシグナルと制御
研究報告資料
  • 松野 建治. フコース修飾によるNotch情報伝達の制御機構. 2005年度 “タイムシグナルと制御”研究領域 研究報告会 要旨集 生命と時間 新しい生命原理を求めて. p.9 - 14.

PAGE TOP