TOP > 研究報告検索 > Non-coding RNAとエピジェネティックな修飾の協調的遺伝子発現制御

Non-coding RNAとエピジェネティックな修飾の協調的遺伝子発現制御

研究報告コード R090000089
掲載日 2009年4月17日
研究者
  • 佐渡 敬
研究者所属機関
  • 国立遺伝子学研究所
報告名称 Non-coding RNAとエピジェネティックな修飾の協調的遺伝子発現制御
報告概要 X染色体不活性化の鍵を握る Xist とそのアンチセンス遣伝子 Tsix をモデルとして、non-coding RNA が DNA やヒストンの修飾と協調的に作り上げる遺伝子発現制御機構やクロマチン構造制御機構の理解を目指した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000089_01SUM.gif
関連発表論文 ・Ohhata, T., Hoki, Y., Sasaki, H., and Sado, T. Tsix-deficient X choromosome does not undergo inactivation in the embryonic lineage in males: implications for Tsix-independent silencing of Xist. Cytogenet. Genome Res. (in press).
・Sado, T., Hoki, Y., and Sasaki, H. (2005). Tsix silences Xist through modification of Chromatin structure. Dev. Cell, 9, 159-165.
・Sado, T., Okano, M., Li, E., and Sasaki, H. (2004) De novo DNA methylation is dispensable for the initiation and propagation of X chromosome inactivation. Development 131, 975-982.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/タイムシグナルと制御
研究報告資料
  • 佐渡 敬. Non-coding RNAとエピジェネティックな修飾の協調的遺伝子発現制御. 2005年度 “タイムシグナルと制御”研究領域 研究報告会 要旨集 生命と時間 新しい生命原理を求めて. p.35 - 36.

PAGE TOP