TOP > 研究報告検索 > 染色体動態の時空間制御技術の開発

染色体動態の時空間制御技術の開発

研究報告コード R090000091
掲載日 2009年4月17日
研究者
  • 高橋 考太
研究者所属機関
  • 久留米大学 分子生命科学研究所
報告名称 染色体動態の時空間制御技術の開発
報告概要 遺伝情報の運搬を担う染色体は、細胞分裂ごとに子孫細胞に正確に均等分配されなくてはならない。同時にカリオタイプの大規模変動が進化の原動力になることも知られている。安定性と可塑性の両面を併せ持つ染色体の機能ダイナミクスを解き明かしたい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000091_01SUM.gif
関連発表論文 ・Chen ES, Saitoh S, Yanagida M, Takahashi K. A cell cycle-regulated GATA factor promotes centromeric localization of CENP-A in fission yeast. Molecular Cell, 11; 175-187, 2003.
・Takahashi K, Takayama Y, Masuda F, Kobayashi Y, Saitoh S. Two distinct pathways responsible for the loading of CENP-A to centromeres in the fission yeast cell cycle. Philosophical Transactions of the Royal Society B, 360; 595-607, 2005.
・Saitoh S, Ishii K, Kobayashi Y, Takahashi K. Spindle checkpoint signaling requires the Mis6 kinetochore subcomplex, which interacts with Mad2 and mitotic spindles. Molecular Biology of the Cell. 16; 3666-3677, 2005.
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/タイムシグナルと制御
研究報告資料
  • 高橋 考太. 染色体動態の時空間制御技術の開発. 2005年度 “タイムシグナルと制御”研究領域 研究報告会 要旨集 生命と時間 新しい生命原理を求めて. p.45 - 48.

PAGE TOP