TOP > 研究報告検索 > デザイン言語を理解するメディア環境の構築

デザイン言語を理解するメディア環境の構築

研究報告コード R090000100
掲載日 2009年4月24日
研究者
  • 金谷 一朗
研究者所属機関
  • 大阪大学 大学院基礎工学研究科
報告名称 デザイン言語を理解するメディア環境の構築
報告概要 本研究は、デザインを情報技術により高度化することを目的としています。ここでデザインとは、造形や意匠設計のみではなく、知性と感性の統合による高度な頭脳的、身体的創作活動を指しています。デザインを情報技術から捉えるために、デザイン言語という考え方を導入し、デザイン言語を応用したコンピュータによるデザイン、および、コンピュータとひとのインタラクションによるデザインを可能とする新しいメディア環境を構築します。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R090000100_01SUM.gif R090000100_02SUM.gif
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術
研究報告資料
  • 金谷 一朗. デザイン言語を理解するメディア環境の構築. 表現の未来へ 「デジタルメディア作品の制作を支援する基盤技術」領域シンポジウム 2007予稿集. p.34 - 35.

PAGE TOP