TOP > 研究報告検索 > 位相制御光による量子的分子操作と極限計測技術への展開

位相制御光による量子的分子操作と極限計測技術への展開

研究報告コード R090000122
掲載日 2009年6月12日
研究者
  • 大村 英樹
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所
報告名称 位相制御光による量子的分子操作と極限計測技術への展開
報告概要 位相制御光による量子的分子操作と極限計測技術への展開
関連発表論文 [1] H. Ohmura, T. Nakanaga and M. Tachiya, Phys. Rev. Lett. 92, 113002(2004).
[2] H. Ohmura and T. Nakanaga, J. Chem. Phys. 120, 5176(2004).
[3] H. Ohmura, N. Saito, and M. Tachiya, Phys. Rev. Lett. 96, 173001 (2006).
[4] H. Ohmura, F. Ito, and M. Tachiya, Phys. Rev. A 74, 043410(2006).
[5] H. Ohmura and M. Tachiya, Phys. Rev. A 77, 023408(2008).
[6] H. Ohmura, N. Saito, H. Nonaka, and S. Ichimura, Phys. Rev. A 77, 053405(2008).
研究制度
  • 戦略的創造研究推進事業 さきがけタイプ(旧若手個人研究推進事業を含む)/光の創成・操作と展開
研究報告資料
  • 大村 英樹. 位相制御光による量子的分子操作と極限計測技術への展開. さきがけフォーラム「光の創成・操作と展開」研究領域 応用物理学会シンポジウム 2009年春季第56回応用物理学関係連合講演会 特別企画「光科学の未来を拓く」. p.16 - .

PAGE TOP