TOP > 研究報告検索 > 生命活動のプログラム 変異マウスを用いた発癌制御遺伝子の単離・同定の試み

生命活動のプログラム 変異マウスを用いた発癌制御遺伝子の単離・同定の試み

研究報告コード R990004213
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 野田 哲生
研究者所属機関
  • 東北大学大学院医学系研究科 細胞生物学講座
研究機関
  • (財)癌研究会癌研究所
報告名称 生命活動のプログラム 変異マウスを用いた発癌制御遺伝子の単離・同定の試み
報告概要 本研究は、ヒト発癌の新たな予防や治療法の開発を目的として、マウスを用いての遺伝学的手法を駆使することにより、その発癌過程を正に負に制御している遺伝子群の単離・同定を行い、発癌の分子機構の解明を目指すものである。具体的には、大腸ポリープを始めとするヒトの各種発癌の原因と考えられているAPC遺伝子変異に焦点を当て、マウスを用いてのフォワード・ジェネティクスおよびリバース・ジェネティクスという分子遺伝学的手法により解析を大きな2つの柱として、研究を推進している。フォワード・ジェネティクスにおいては、我々が樹立したヒト発癌モデルマウスであるAPC変異マウスを用い、これを他の各種近交系マウスと交配し、消化管腫瘍の発生を大きく抑制する系統を同定し、その抑制機能を有する遺伝子座を遺伝学的手法によりマウス染色体上にマップした上で、ポジショナルクローニングの手法を用いて、その遺伝子の単離・同定を試みている。こうした遺伝子は、大腸ポリープを始めとするAPC変異に起因する発癌過程を制御する機能を有すると考えられ、その機能を逆にコントロールすることにより、新たな発癌予防や癌治療の道が拓かれると期待される。一方、リバース・ジェネティクスの手法では、発癌機構の解明と目的として、APC遺伝子の不活化が生体内で上皮細胞を癌化させる分子機構を詳細に解析している。この解析のため、世界に先駆けて組み換えアデノウイルスを用いたコンディショナル・ターゲティング法を開発した。これを用いることにより、マウスの生体内の任意の組織・細胞でAPC遺伝子の体細胞変異の導入が可能となった。
研究分野
  • 抗腫よう薬の基礎研究
  • 発癌機序・因子
  • 遺伝子の構造と化学
  • 遺伝学研究法
  • 遺伝子操作
関連発表論文 (1)J. Aruga, O. Minowa, H. Yaginuma, J. Kuno, T. Nagai, T. Noda and K. Mikoshiba. (1998) Mouse Zic1 is involved in cerebellar development. J. Neurosci., 18(1):284-293.
(2)J. Toshima, K. Nakagawara, M. Mori, T. Noda and K. Mizuno. (1998) Structural organization and chromosomal localization of the mouse Tesk1 (testis-specific protein kinase 1) gene. Gene, 206:237-245.
(3)Y. Doi, M. Kurita, M. Matsumoto, T. Kondo, T. Noda, S. Tsukita, S. Tsukita and T. Seya. (1998) Moesin is not a receptor for measles virus entry into mouse embryonic stem cells. J. Viol., 72(2): 1586-1592.
(4)Y. Yonekawa, A. Harada, Y. Okada, T. Funakoshi, Y. Kanai, Y. Takei, S. Terada, T. Noda and N. Hirokawa. (1998) Defect in synaptic vesicle precursor transport and neuronal cell death in KIF1A motor protein-deficient mice. J. Cell Biol., 141: 431-441.
(5)M. Saitou, K. Fujimoto, Y. Doi, M. Itoh, T. Fujimoto, M. Furuse, H. Takano, T. Noda and S. Tsukita. (1998) Occuludin-deficient embryonic stem cells can differentiate into polarized epithelial cells bearing tight junctions. J. Cell Biol., 141(2): 397-408.
(6)H. Kawate, K. Sakumi, T. Tsuzuki, Y. Nakatsuru, T. Ishikawa, S. Takahashi, H. Takano, T. Noda and M. Sekiguchi. (1998) Separation of killing and tumorigenic effects of an alkylating agent in mice defective in two of the DNA repair genes. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 95: 5116-5120.
(7)H. Takeshima, S. Komazaki, K. Hirose, M. Nishi, T. Noda and M. Iino. (1998) Embryonic lethality and abnormal cardiac myocytes in mice lacking ryanodine receptor type 2. EMBO J., 17: 3309-3316
(8)T. Manabe, Y. Noda, T. Mamiya, H. Katagiri, T. Houtani, M. Nishi, T. Noda, T. Takahashi, T. Sugimoto, T. Nabeshima and H. Takeshima. (1998) Facilitation of long-term potentiation and memory in mice lacking nociceptin receptors. Nature, 394: 577-581.
(9)S. Hiratsuka, O. Minowa, J. Kuno, T. Noda and M. Shibuya. (1998) Flt-1 lacking the tyrosine kinase domain is sufficient for normal development and angiogenesis in mice. Proc. Natl. Acad. Sci., 95: 9349-9354.
(10)H. Okada, T. Watanabe, M. Niki, H. Takano, N. Yanai, K. Tani, H. Hibino, S. Asano, Y. Ito, T. Noda and M. Satake. (1998) The AML1(-/-) embryos do not express certain hematopoiesis-related gene transcripts including those of PU.1 gene. Oncogene, 17:2287-2293.
(11)S. Katamine, N. Nishida, T. Sugimito, T. Noda, S. Sakaguchi, K. Shigematsu, Y. Kataoka, A. Nakatani, S. Hasegawa, R. Moriuchi and T. Miyamoto. (1998) Impaired motor coordination in mice lacking prion protein. Cell. Mol. Neurobiol., 18(6):731-742.
(12)K. Shiba, H. Motegi, M. Yoshida and T. Noda. (1998) Human asparaginyl-tRNA synthetase: molecular cloning and the inference of the evolutionary history of Asx-tRNA synthetase family. Nutl. Acid. Res., 26:5045-5051.
(13)A. Orimo, S. Inoue, K. Ikeda, M. Sato, A. Kato, N. Tominaga, M. Suzuki, T. Noda, M. Watanabe and M. Muramatsu. (1998) Molecular cloning, localization, and developmental expression of mouse brain finger protein (bfp)/ZNF179: Distribution of bfp mRNA partially coincides with the affected areas of Smith-Magenis syndrome. Genomics, 54:59-69.
(14)柴田浩行、金丸龍之介、野田哲生,コンディショナルジーンターゲティング法を利用した大腸発がん機構の解明,最新医学 53(6) 131-139,1998.
(15)野田哲生.遺伝性非腺腫性大腸癌モデルマウスにおける発癌過程の解析とその修学的治療法開発への応用,がん治療のあゆみ 17 61-66,1998.
(16)市川幸司、松本武久、古市泰宏、野田哲生.Werner症候群,現代医療 30(7) 173-180,1998.
(17)野田哲生.コンディショナル・ジーンターゲッティングによるヒト発癌機構の解析、産科と婦人科 65(9) 1135-1140,1998.
(18)外山馨、野田哲生.皮膚疾患のモデルとしてのtransgenic mouseとknockout mouse,遺伝子工学と皮膚疾患 14 41-50,1998.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生命活動のプログラム」研究代表者 野田 哲生((財)癌研究会癌研究所、東北大学医学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 野田 哲生. 生命活動のプログラム 変異マウスを用いた発癌制御遺伝子の単離・同定の試み. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.89 - 92.

PAGE TOP