TOP > 研究報告検索 > 生命活動のプログラム 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の解明

生命活動のプログラム 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の解明

研究報告コード R990004214
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 柳田 充弘
研究者所属機関
  • 京都大学大学院生命科学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院生命科学研究科
報告名称 生命活動のプログラム 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の解明
報告概要 本研究は真核生物の分裂期制御因子の同定と機能解明を目的として、分裂酵母を材料とした解析を行った。解析は有糸分裂過程に欠損を示す分裂酵母変異遺伝子の解析を出発点とし、これらの遺伝子を元に生化学的、遺伝学的手法を取り入れた種々の解析を行った。今年度は主としてMis4、Cut1、Cut2、およびCut15を中心とした解析を進めた。Mis4は有糸分裂時に染色体の不均等分配を示す変異株より同定された。Cut1およびCut2は姉妹染色体の分離に必須の因子であることを見出した。Cut15は染色体の凝縮に必須な因子であることが分かった。子孫細胞への正確な染色体の分配、核内ゲノムDNAの安定維持にとって、いくつかの巨大分子複合体が必須であるという知見を得た。これらの複合体の活性を同定し、構成する遺伝子産物の機能を深くかつ統合的に検討し、細胞周期における染色体制御について明らかにする。これらの複合体の機能を把握することにより、癌や多様な症状を引き起こす染色体異常の原因が理解され治療への道も拓かれると考える。
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝子の構造と化学
  • 細胞分裂・増殖
  • 細胞構成体の機能
  • 腫よう学一般
関連発表論文 (1)Nabeshima, K., Nakagawa, T., Straight, A. F., Murray, A., Chikashige, Y., Yamashita, Y. M., Hiraoka, Y., Yanagida, M. Dynamics of Centromeres during Metaphase-Anaphase Transition in Fission Yeast: Dis1 Is Implicated in Force Balance in Metaphase Bipolar Spindle. Molecular Biology of the Cell. 9: 3211-3225(1998)

(2)Kumada, K., Nakamura, T., Nagao, K., Funabiki, H., Nakagawa, T., Yanagida, M. Cut1 is loaded onto the spindle by binding to Cut2 and promotes anaphase spindle movement upon Cut2 proteolysis. Current Biology. 8: 633-641(1998)

(3)Niwa, H., Katayama, E., Yanagida, M., Morikawa, K. Cloning of the Fatty Acid Synthetase β Subunit from Fission Yeast, Coexpression with the α Subunit, and Purification of the Intact Multifunctional Enzyme Complex. Protein Expression and Purification. 13: 403-413(1998)

(4)Sugiura, R., Toda, T., Shuntoh, H., Yanagida, M., Kuno, T. pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast. The EMBO Journal. 17: 140-148(1998)

(5)Tang, Z., Yanagida, M., Lin, R-J. Fission Yeast Mitotic Regulator Dsk1 Is an SR Protein-specific Kinase. The Journal of Biological Chemistry. 273: 5963-5969(1998)

(6)Furuya, K., Takahashi, K., Yanagida, M. Faithful anaphase is ensured by Mis4, a sister chromatid cohesion molecule required in S phase and not destroyed in G1 phase. Genes & Development. 12: 3408-3418(1998)

(7)Yanagida, M. Fission yeast cut mutations revisited: control of anaphase. Trends in Cell Biology. 8: 144-149(1998)

(8)Matsusaka, T., Imamoto, N., Yoneda, Y., Yanagida, M. Mutations in fission yeast Cut15, an importin α homolog, lead to mitotic progression without chromosome condensation. Current Biology. 8: 1031-1034, S1-2(1998)

(9)Kudo, N., Wolff, B., Sekimoto, T., Schreiner, E. P., Yoneda, Y., Yanagida, M., Horinouchi, S., Yoshida, M. Leptomycin B Inhibition of Signal-Mediated Nuclear Export by Direct Binding to CRM1. Experimental Cell Research. 242: 540-547(1998)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生命活動のプログラム」研究代表者 柳田 充弘(京都大学大学院生命科学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 柳田 充弘. 生命活動のプログラム 細胞周期における染色体制御に必須な高次複合体の解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.93 - 96.

PAGE TOP