TOP > 研究報告検索 > 生体防御のメカニズム 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明

生体防御のメカニズム 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明

研究報告コード R990004221
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 審良 静男
研究者所属機関
  • 大阪大学微生物病研究所
研究機関
  • 大阪大学微生物病研究所
報告名称 生体防御のメカニズム 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明
報告概要 生体防御に関わる転写因子、シグナル伝達分子、膜レセプター、リガンドの遺伝子欠損マウスを作製することにより、それらの各分子の生体内での役割を調べている。
1)Toll/IL-1Rファミリーは、自然免疫に重要な役割を果たす受容体である。Toll/IL-1Rファミリーやその下流のシグナル伝達分子(MyD88,IκBキナーゼ等)のノックアウトマウスを作製することにより、Toll/IL-1Rファミリー
・シグナル伝達の免疫反応や感染における役割を検討している。
2)サイトカインの機能発揮にJAK-STATシグナル伝達が重要な役割を果たしている。ノックアウトマウスを作製することによりSTAT3とSTAT6の生体内における役割を解析している。
3)C/EBPファミリーは、bZIP型の転写因子である。これらのメンバーの生体防御における役割についてノックアウトマウスを作製することにより解析している。
4)DAPキナーゼファミリーは、アポトーシスを誘導するキナーゼである。
このキナーゼファミリーによるアポトーシスの分子機構を解明しようとしている。
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 生物学的機能
  • 遺伝子操作
  • 生体防御と免疫系一般
関連発表論文 (1)Takeda, K., Kaisho, T., Yoshida, N., Takeda, J., Kishimoto, T. and Akira, S. Stat3 activation is responsible for IL-6-dcpendent T cell proliferation through preventing apoptosis: Generation and characterization of T cell-specific Stat3-deficient mice. Journal of Immunology, 161, 4652-4660, 1998.
(2)Takeda, K., Tsutsui, H., Yoshimoto, T., Adachi, O., Yoshida, N., Kishimoto, T., Okamura, H., Nakanishi, K. and Akira, S. Defective NK cell activity and Th1 response in IL-18-deficient mice. Immunity, 8, 383-390, 1998.
(3)Adachi, O., Kawai, T., Takeda, K., Matsumoto, M., Tsutsui, H., Sakagami, M., Nakanishi, K. and Akira, S. Targeted disruption of the MyD88 gene results in loss of IL-1- and IL-18-mediated signalling. Immunity, 9, 143-150, 1998.
(4)Yoshimoto, T., Takeda, K., Tanaka, T., Okusu, K., Kashiwamura, S.-I., Okamura, H., Akira, S. and Nakanishi, K. IL-12 up-regulates IL-18R expression on T cells, Th1 cells and B cells: synergism with IL-18 for IFN-γ production. The Journal of Immunology, 161, 3400-3407, 1998.
(5)Matsumoto, M., Sakao, Y. and Akira, S. Inducible expression of nuclear factor IL-6 increases endogenouse gene expression of macrophage inflammatory-1 α, osteopontin, and CD14 in a monocytic leukemia cell line. International Immunology, 10 (12), 1825-1835, 1998.
(6)Akaishi, H., Takeda, K., Kaisho, T., Shineha, R., Satomi, S., Takeda, J. and Akira, S. Defective IL-2-mediated IL-2 receptor a chain expression in Stat3-deficient T lymphocytes. International Immunology, 10, 1747-1751, 1998.
(7)Sanjo, H., Kawai, T. and Akira, S. DRAKs, novel serine/threonine kinases related to DAP kinase that trigger apoptosis. The Journal of Biological Chemistry, 273, 29066-29071, 1998.
(8)Tanaka, T., Tsujimura, T., Takeda, K., Sugita, A., Maekawa, A., Terada, N., Yoshida, N. and Akira, S. Targeted disruption of ATF4 discloses its essential role in formation of eye lens secondary fibers. Genes to Cell, 3, 801-810, 1998.
(9)Sakao, Y., Takeda, K., Tsutsui, H., Kaisho, T., Nomura, F, Okamura, H., Nakanishi, K. and Akira, S. IL-18-deficient mice are resistant to endotoxin-induced liver injury but highly susceptible to endotoxin shock. International Immunology, 11 (3), 471-480, 1999.
(10)Hoshino, K., Takeuchi, O., Kawai, T., Sanjo, H., Ogawa, T., Takeda, M., Takeda, K. and Akira, S. TLR4-deficient mice are hyporesponsive to LPS: evidence for TLR4 as the Lps gene product. The Journal of Immunology. 162 (7), 3749-3752, 1999.
(11)Takeda, K., Clausen. B. E., Kaisho, T., Tsujimura, T., Terada, N., Foerster, I. and Akira, S. Enhanced Th1 activity and development of chronic enterocolitis in mice devoid of Stat3 in macrophages and neutrophils. Immunity, 10, 39-49, 1999.
(12)Kawai, T., Sanjo, H. and Akira, S. Duet is a novel serine/threonine kinases with Dbl-Homology (DH) and Pleckstrin-Homology (PH) domains. Gene, 227, 249-255, 1999.
(13)Hoshino, K., Tsutsui, H., Kawai, T., Takeda, K., Nakanishi, K., Takeda, M. and Akira, S. Generation of IL-18 receptor-deficient mice: evidence for IL-1Rrp as an essential IL-18 binding receptor. The Journal of Immunology, 162, 5041-5044, 1999.
(14)Takeda, K., Takeuchi, O., Tsujimura, T., Itami, S., Adachi, O., Kawai, T., Sanjo, H., Yoshikawa, K., Terada, N. and Akira, S. Limb and skin abnormalities in mice lacking IKK α. Science, 284, 313-316, 1999.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「生体防御のメカニズム」研究代表者 審良 静男(大阪大学微生物病研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 審良 静男. 生体防御のメカニズム 遺伝子改変に基づく生体防御システムの解明. 戦略的基礎研究推進事業 平成10年度 研究年報,1999. p.131 - 135.

PAGE TOP